先頭に戻る

デュアル/トリプル電圧、電源シーケンサ/監視回路

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • コンデンサで調整可能な電源起動シーケンシングの遅延
  • 内蔵チャージポンプによって外付けnチャネルFETをエンハンス
  • コンデンサで設定可能なタイムアウト期間を備えたパワーグッド出力(MAX6880/MAX6882)
  • 調整可能な低電圧ロックアウトまたはロジックイネーブル入力
  • 出力ごとの100Ωの内蔵プルダウンによって容量性負荷を急速に放電
  • 定格IN_/OUT_範囲:0.5V~5.5V
  • 動作電圧範囲:2.7V~5.5V
  • 短い電圧トランジェントによる影響なし
  • 4mm x 4mmの小型24ピンまたは16ピンTQFNパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • マルチ電圧システム
    • ネットワーキングシステム
    • サーバ/ワークステーション
    • ストレージ機器
    • テレコム

    説明

    デュアル/トリプル電圧モニタのMAX6880~MAX6883は、電源投入状態時に電源のシーケンスを取るように設計されています。すべての電圧が各スレッショルドを上回ると、スイッチとして使用されるnチャネルMOSFETをエンハンスして、これらのデバイスはシステムへの電圧を順次オンにします。シーケンシングされる各電圧間の時間は外付けコンデンサによって設定されるため、遅延タイミングを自由に設定することが可能です。MAX6880/MAX6881は3つの電圧、MAX6882/MAX6883は2つの電圧をシーケンシングします。

    これらのデバイスは最初にすべての電圧を監視し、全電圧が各許容値以内の場合は、内蔵チャージポンプが外付けnチャネルMOSFETを順次エンハンスして、これらの電圧をシステムに印加します。内蔵チャージポンプは各入力電圧より5V高くゲート電圧を駆動します。このことよって、MOSFETは完全エンハンスされオン抵抗値が低減されます。

    MAX6880~MAX6883はコンデンサで調整可能なスルーレート制御を備え、ターンオン特性を制御します。すべての電圧が各最終値の92.5%に達すると、パワーグッド出力(MAX6880/MAX6882)信号がアクティブになります。パワーグッド出力(PG//RST)を、外付けコンデンサを使って遅延させ、パワーオンリセットを遅延させることができます。最初の電源投入フェーズの後に、MAX6880~MAX6883は電圧を継続的に監視します。電圧のいずれかがそのスレッショルドを下回ると、MOSFETはすぐにオフにされ、各電圧は同時に追跡されます。100Ωの内蔵プルダウン抵抗によって、MOSFETのソースの容量性負荷が急速に放電されます。するとパワーグッド出力はローになり、システムリセットが提供されます。

    MAX6880~MAX6883は4mm x 4mmの小型24ピンおよび16ピンTQFNパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

    簡易ブロック図

    MAX6880、MAX6881、MAX6882、MAX6883:標準アプリケーション回路 MAX6880、MAX6881、MAX6882、MAX6883:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。