先頭に戻る

マニュアルリセットおよびウォッチドッグタイマ付き、ナノパワーµP監視回路

ポータブルアプリケーションに最適な、マニュアルリセットおよびウォッチドッグタイマ付きナノパワーµP監視回路

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Push-Pull
tRESET (min) 1ms to 15ms
85ms to 300ms
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Manual Reset
ICC (µA) (max) 0.17
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
1.96
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Push-Pull
tRESET (min) 1ms to 15ms
85ms to 300ms
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Manual Reset
ICC (µA) (max) 0.17
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
1.96

主な特長

  • 超低消費電流:170nA (typ)
  • 範囲が+1.575V~+4.625Vで約100mVステップのリセットスレッショルド
  • 範囲が10ms~1200msの6つの最小リセットタイムアウト期間オプション
  • マニュアルリセットオプション
  • ウォッチドッグタイマオプション
  • ピン選択可能な10ms/150ms (min)リセットタイムアウト期間(MAX6861/MAX6862/MAX6863)
  • VCCの短いトランジェントに対する耐性
  • VCC = +1.1Vまで低下しても有効なリセットの保証
  • 3つのリセット出力オプション:
    • プッシュプルアクティブローRESET
    • プッシュプルRESET
    • オープンドレインアクティブローRESET
  • 外付け部品不要
  • 小型5ピンSOT23パッケージ
  • TPS3836/TPS3837/TPS3838とピンコンパチブル(MAX6861/MAX6862/MAX6863)

アプリケーション/用途

  • 血糖値モニタ/患者モニタ
  • MP3プレーヤー/ページャ
  • PDAおよび携帯電話
  • ポータブルバッテリ駆動機器

説明

超低電流(170nA、typ)マイクロプロセッサ(µP)監視回路のMAX6854/MAX6855/MAX6856/MAX6858/MAX6860~MAX6869は、電圧監視、ウォッチドッグタイマ、およびマニュアルリセット入力の各機能を5ピンSOT23パッケージに組み込んだものです。これらの製品は、監視電圧が出荷時にトリミングされたリセットスレッショルド電圧以下に低下したときやマニュアルリセットがアクティブになったとき、またはウォッチドッグタイマが時間切れになったときにリセット信号を有効にします。リセット出力は、VCCがリセットスレッショルド以上に上昇してマニュアルリセットが無効にされた後、アクティブな状態を最小タイムアウト期間持続します。出荷時にトリミングされるリセットスレッショルド電圧は、範囲が+1.575V~+4.625V (約100mVステップ)です(フルデータシートの「Threshould Suffix Guide (スレッショルドのサフィックスガイド)」を参照)。各製品は、範囲が10ms~1200msの6つの最小リセットタイムアウトオプションを備えています。

MAX6854/MAX6855/MAX6856/MAX6858/MAX6860~MAX6869は、様々な構成で提供されます(フルデータシートの「Selector Guide (選択ガイド)」参照)。MAX6854/MAX6855/MAX6856/ MAX6861~MAX6869は、マニュアルリセット入力/MRを備えています。MAX6864~MAX6869は、コード実行エラーを監視するためのWDI入力における動作を監視するウォッチドッグタイマを提供します。MAX6864~MAX6869は、3.3sまたは209s (typ)のウォッチドッグタイムアウトオプションを備えています。MAX6861/MAX6862/MAX6863は、ピン選択可能な10msまたは150ms (min)のリセット遅延期間を備えています。プッシュプルアクティブロー、プッシュプルアクティブハイ、およびオープンドレインアクティブローの各リセット出力が利用可能です。

簡易ブロック図

MAX6854、MAX6855、MAX6856、MAX6858、MAX6860、MAX6861、MAX6862、MAX6863、MAX6864、MAX6865、MAX6866、MAX6867、MAX6868、MAX6869:標準動作回路 MAX6854、MAX6855、MAX6856、MAX6858、MAX6860、MAX6861、MAX6862、MAX6863、MAX6864、MAX6865、MAX6866、MAX6867、MAX6868、MAX6869:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。