先頭に戻る

超低電圧µPリセット回路および電圧検出器

外付け部品不要で、最低0.9Vまで電源を監視する超低電圧SC70 µP監視回路

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 0 to 1.2
1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Push-Pull
tRESET (min) 1ms to 15ms
15ms to 85ms
85ms to 300ms
<1ms
>1s
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Manual Reset
ICC (µA) (max) 20
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
0
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 0 to 1.2
1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Push-Pull
tRESET (min) 1ms to 15ms
15ms to 85ms
85ms to 300ms
<1ms
>1s
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Manual Reset
ICC (µA) (max) 20
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • 出荷時設定リセットスレッショルド電圧により0.9V~1.5Vの電源電圧を監視(MAX6841/MAX6842)
  • 調整可能なスレッショルドRESET IN (MAX6843/MAX6844/MAX6845)
  • 低電力:5.7µA (typ)
  • 全温度範囲でのリセットスレッショルド精度:±2.5%
  • 5種類のタイムアウト期間:150µs (電圧検出器)、1.5ms、30ms、210ms、および1.68s
  • 3種類の出力構成
    • プッシュプルアクティブローRESET
    • プッシュプルRESET
    • オープンドレインアクティブローRESET
  • VCC = 0.55V (アクティブロー)までの有効リセット保証
  • マニュアルリセット入力
  • 短いVCC過渡を無視
  • 省スペース5ピンSOT23パッケージ

アプリケーション/用途

  • コンピュータ
  • コントローラ
  • クリティカルなµPおよびµC電源監視
  • インテリジェント機器
  • ポータブルバッテリ駆動機器
  • サーバおよびワークステーション
  • テレコム/ネットワーキング機器
  • ワイヤレス基地局

説明

MAX6841~MAX6845はマイクロプロセッサ(µP)監視回路で、µPおよびディジタルシステムで超低電圧電源を監視します。これらのデバイスは+0.9V~+1.5Vのシステムで使用されると、外付け部品と調整が不要になり、低コストで卓越した回路信頼性を実現します。MAX6841/MAX6842では、出荷時設定のリセットスレッショルドが提供されます。MAX6843/MAX6844/MAX6845はRESET IN入力を備えているので、ユーザがリセットスレッショルドを外部から調整することができます。MAX6841~MAX6845ファミリは、バウンドを防止したマニュアルリセット入力(アクティブローMR)を備えています。リセットコンパレータは、VCCの高速過渡を無視するように設計されています。

VCC電源電圧がプリセットしたスレッショルドや可変スレッショルドを下回ったり、マニュアルリセット(アクティブローMR)がアサートされると、MAX6841~MAX6845はリセット信号をアサートします。VCCがリセットスレッショルドを上回り、マニュアルリセットが解除されると、リセットは固定タイムアウト遅延の間アサートに維持されます。各デバイスには、150µs (電圧検出器)、1.5ms、30ms、210ms、および1.68s (typ)の5種類のタイムアウト期間を使用することができます。

MAX6841/MAX6843は、アクティブローのプッシュプルリセット出力を備えています。MAX6841/MAX6842/MAX6844はアクティブハイプッシュプルのリセット出力、MAX6842/MAX6845はアクティブローオープンドレインのリセット出力を備えています。アクティブローオープンドレインのリセット出力では、0~VCCの電圧と接続可能なプルアップ抵抗が必要です。

低消費電流(5.7µA)と小型パッケージ(SOT23-5)によって、MAX6841~MAX6845はポータブル機器用に最適です。

簡易ブロック図

MAX6841、MAX6842、MAX6843、MAX6844、MAX6845:標準動作回路 MAX6841、MAX6842、MAX6843、MAX6844、MAX6845:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。