MAX6820

電源シーケンサ、SOT23パッケージ

システム信頼性を高めるデュアル/マルチ電圧システム用電源シーケンサ、パワーオン/パワーオフ特性を制御


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX6819/MAX6820は、デュアル電圧マイクロプロセッサ(µP)および複数電圧システム用の電源シーケンサです。これらのデバイスは第1電源電圧を監視し、第2電源電圧用の外付NチャネルMOSFETスイッチをイネーブル/ディセーブルします。MAX6819/MAX6820は、システムのパワーオン/パワーオフ特性を保証できない時(電源が複数電圧システムバスまたは筐体から供給されるか、同じ基板の部品に対して複数モードのシーケンスが必要な場合)に、ローカル部品の電圧シーケンスを制御します。これらの小型電源シーケンサはシステムの信頼性を改善します。

MAX6819/MAX6820は、外部調整が可能なスレッショルドを持つ内部電圧リファレンス/コンパレータにより第1電源を監視します。第1電源電圧が指定されたスレッショルドを下回る場合は、外付第2電源MOSFETスイッチがディセーブルされます。第1電源電圧がスレッショルドを上回る場合は、内部チャージポンプが有効になり、外付MOSFETスイッチがイネーブルされて第2電源を負荷に接続します。チャージポンプはNチャネルMOSFETスイッチを完全に強化し、非常に低いRDS-ON電圧降下を提供します。これらのデバイスは、VI/Oの後にVCOREまたはVCOREの後にVI/O等、様々な電源シーケンスをサポート するよう接続できます。

MAX6819は、外付MOSFETドライブをイネーブル/ディセーブルするロジック駆動のEN入力、および内部で固定されている200msイネーブルタイムアウト期間(VPRIMARY GOODからVSECONDARY ENABLE)を備えています。MAX6820では、単一の外部コンデンサを使用することによってイネーブルタイムアウト期間を調整することができます。いずれのデバイスも自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)で動作し、省スペースの6ピンSOT23パッケージで提供されています。

主な特長

  • 可変第1電源電圧モニタ(最低0.62Vまで監視)
  • 外付第2電源NチャネルMOSFETスイッチを強化する内部チャージポンプ
  • 第1電源Goodから第2電源Enabledまでの遅延
    • 出荷時設定:200ms (MAX6819)
    • コンデンサによる調整可能(MAX6820)
  • ロジック駆動のENABLE入力(MAX6819)
  • 瞬時の電圧トランジェントに対する耐性
  • 少ない外付部品
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • パッケージ:小型6ピンSOT23

アプリケーション/用途

  • デジタル信号処理
  • デュアル電圧マイクロプロセッサ
  • マルチ電圧システム
  • PowerPC®シリーズプロセッサ

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.
製品の信頼性レポート: MAX6820.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース