先頭に戻る

高電圧、超低電力、監視回路機能付き、シングル/デュアルリニアレギュレータ

監視機能付き、車載用リニアレギュレータ

製品の詳細

超低自己消費電流、シングル/デュアル出力リニアレギュレータのMAX6791~MAX6796は、自動車用アプリケーションに最適です。これらのデバイスは5V~72Vの広い動作入力範囲を提供するため、自動車の負荷ダンプ状態に対する耐性を備えながら、消費電流はわずか68µAです。MAX6791~MAX6794は、1出力当り最大150mAを供給可能なデュアル出力レギュレータです。MAX6795/MAX6796は、最大300mAを供給可能な単一出力を備えています。これらのデバイスは標準出力電圧オプション(5V、3.3V、2.5V、または1.8V)を備え、1.8V~11Vの電圧に設定することができます。またMAX6791~MAX6794は、5V固定の出力も備えています。

いずれのデバイスも、レギュレータ出力OUT/OUT1の92.5%/87.5%の固定出力リセットスレッショルドを備えたプッシュプルまたはオープンドレイン型のアクティブローRESET出力を備えています。OUT/OUT1がリセットスレッショルドを下回るとリセット出力はローにアサートされ、OUT/OUT1がリセットスレッショルドを上回るとリセット出力は固定の、またはコンデンサで調整可能なリセットタイムアウト期間の間、ロー状態を維持します。

MAX6791~MAX6796はウォッチドッグ入力を備えています。このウォッチドッグ入力はマイクロプロセッサ(µP)からのパルス列を監視し、ウォッチドッグ入力がウォッチドッグタイムアウト期間を超えて、ハイまたはロー状態を維持する場合はリセットパルスを生成します。いずれのデバイスも、280ms (min)の固定ウォッチドッグタイムアウト時間または外付けコンデンサで設定可能な時間を備えています。MAX6791/MAX6792は、ウィンドウ比が選択可能なウィンドウウォッチドッグタイムアウト時間を備えています。ウォッチドッグ機能はディセーブルすることができます。

MAX6791~MAX6794は、各レギュレータを個別に制御するデュアルイネーブル入力(ENABLE1およびENABLE2)を備えています。単一出力のMAX6795/MAX6796は、イネーブル入力(ENABLE)を1つ備えています。

いずれのデバイスも、外付け部品が不要で自己保持回路の実装をサポートする保持入力アクティブローHOLDを内蔵しています。このレギュレータはイネーブルされると、ENABLE/ENABLE1がその後ローに設定されても、アクティブローHOLDをローに設定するとレギュレータはオン状態を維持します。アクティブローHOLDを解放すると、レギュレータはシャットダウンされます。

MAX6791~MAX6796は、放熱特性の高い小型TQFNパッケージで提供されます。5mm x 5mmのパッケージは最大2.7Wの電力損失で、高温、高バッテリ電圧、および高負荷電流状態の間も連続レギュレータ動作をサポートします。

MAX6791~MAX6796は、-40℃~+125℃の動作温度範囲での動作が保証されています。

主な機能

  • 低自己消費電流:68µA
  • 広い電源電圧範囲:5V~72V
  • 出力電流
    • 単一出力:最大300mA
    • デュアル出力:1出力当り最大150mA
  • 低ドロップアウト電圧
    • 420mV (typ) (シングルで100mAの場合)
    • 840mV (typ) (デュアルで100mAの場合)
  • 固定出力電圧オプション:5V、3.3V、2.5V、1.8V、または可変出力(1.8V~11V)
  • ENABLEおよびHOLD機能
  • アクティブローRESET出力:オープンドレインまたはプッシュプル
  • 内部固定(35µs、3.125ms、12.5ms、50ms、または200ms)またはコンデンサで調整可能なリセットタイム期間
  • 内部固定またはコンデンサで調整可能なウォッチドッグタイムアウト期間
  • ウィンドウ型(最小/最大)ウォッチドッグタイマオプション(MAX6791/MAX6792)
  • ウォッチドッグディセーブル機能
  • サーマル、短絡、および出力過電圧保護
  • 完全動作保証温度範囲:-40℃+125℃
  • 放熱特性の高い5mm x 5mmの小型TQFNパッケージ
  • AEC-Q100認定MAX6795TPLD2/V+、MAX6795TPSD2/V

アプリケーション/用途

  • 車載用
Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 5
VIN (V) (max) 72
Adj. VOUT (V) (min) 1.8
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 150
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 2
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 1
ICC (µA) (max) 85
Low Batt./ Pwr. Fail Out Yes
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-12.5%
Vout-7.5%
Watchdog Yes
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
$2.23 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX6791、MAX6792、MAX6793、MAX6794、MAX6795、MAX6796:標準アプリケーション回路 MAX6791、MAX6792、MAX6793、MAX6794、MAX6795、MAX6796:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX6791の評価キット(EVキット)は、高電圧、低自己消費電流、デュアルリニアレギュレータのMAX6791の評価を容易にする実証済みのPCBレイアウトを提供します。また、このEVキットは、MAX6792~MAX6796も評価することができます。このEVキットは、完全実装および試験済み表面実装ボードです。

このEVキットは、逆接続バッテリ保護用のpチャネルFET、レギュレータ保持機能の試験を実現するボタン、両レギュレータとの接続部、ウィンドウ型ウォッチドッグタイマ、およびµPリセットラインを備えています。2個のLEDが、両方の電圧レギュレータのステータスを表示します。ジャンパによって、MAX6791のすべての主要機能が制御されます。MAX6791自体は最高+125℃までの温度に耐えることができますが、このEVキットは-40℃~+105℃の範囲の温度で動作します。

詳細を見る

特長

  • 広い電源電圧範囲:5V~72V
  • 100Vの逆接続バッテリ保護
  • 5mAのデュアルレギュレータ出力
  • 固定または可変レギュレータ出力
  • ウィンドウ型ウォッチドッグタイマ
  • ENABLEおよびHOLD機能
  • /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    Parametric specs for Linear Regulators
    VIN (V) (min) 5
    VIN (V) (max) 72
    Adj. VOUT (V) (min) 1.8
    Adj. VOUT (V) (max) 11
    Rated ILOAD (mA) 150
    Preset VOUT (V) 5
    # Regulators 2
    VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 1
    ICC (µA) (max) 85
    Low Batt./ Pwr. Fail Out Yes
    POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-12.5%
    Vout-7.5%
    Watchdog Yes
    Reverse Batt. Protect. Yes
    Oper. Temp. (°C) -40 to +125
    Package/Pins TQFN/20
    Budgetary
    Price (See Notes)
    $2.23 @1k

    主な機能

    • 低自己消費電流:68µA
    • 広い電源電圧範囲:5V~72V
    • 出力電流
      • 単一出力:最大300mA
      • デュアル出力:1出力当り最大150mA
    • 低ドロップアウト電圧
      • 420mV (typ) (シングルで100mAの場合)
      • 840mV (typ) (デュアルで100mAの場合)
    • 固定出力電圧オプション:5V、3.3V、2.5V、1.8V、または可変出力(1.8V~11V)
    • ENABLEおよびHOLD機能
    • アクティブローRESET出力:オープンドレインまたはプッシュプル
    • 内部固定(35µs、3.125ms、12.5ms、50ms、または200ms)またはコンデンサで調整可能なリセットタイム期間
    • 内部固定またはコンデンサで調整可能なウォッチドッグタイムアウト期間
    • ウィンドウ型(最小/最大)ウォッチドッグタイマオプション(MAX6791/MAX6792)
    • ウォッチドッグディセーブル機能
    • サーマル、短絡、および出力過電圧保護
    • 完全動作保証温度範囲:-40℃+125℃
    • 放熱特性の高い5mm x 5mmの小型TQFNパッケージ
    • AEC-Q100認定MAX6795TPLD2/V+、MAX6795TPSD2/V

    アプリケーション/用途

    • 車載用

    説明

    超低自己消費電流、シングル/デュアル出力リニアレギュレータのMAX6791~MAX6796は、自動車用アプリケーションに最適です。これらのデバイスは5V~72Vの広い動作入力範囲を提供するため、自動車の負荷ダンプ状態に対する耐性を備えながら、消費電流はわずか68µAです。MAX6791~MAX6794は、1出力当り最大150mAを供給可能なデュアル出力レギュレータです。MAX6795/MAX6796は、最大300mAを供給可能な単一出力を備えています。これらのデバイスは標準出力電圧オプション(5V、3.3V、2.5V、または1.8V)を備え、1.8V~11Vの電圧に設定することができます。またMAX6791~MAX6794は、5V固定の出力も備えています。

    いずれのデバイスも、レギュレータ出力OUT/OUT1の92.5%/87.5%の固定出力リセットスレッショルドを備えたプッシュプルまたはオープンドレイン型のアクティブローRESET出力を備えています。OUT/OUT1がリセットスレッショルドを下回るとリセット出力はローにアサートされ、OUT/OUT1がリセットスレッショルドを上回るとリセット出力は固定の、またはコンデンサで調整可能なリセットタイムアウト期間の間、ロー状態を維持します。

    MAX6791~MAX6796はウォッチドッグ入力を備えています。このウォッチドッグ入力はマイクロプロセッサ(µP)からのパルス列を監視し、ウォッチドッグ入力がウォッチドッグタイムアウト期間を超えて、ハイまたはロー状態を維持する場合はリセットパルスを生成します。いずれのデバイスも、280ms (min)の固定ウォッチドッグタイムアウト時間または外付けコンデンサで設定可能な時間を備えています。MAX6791/MAX6792は、ウィンドウ比が選択可能なウィンドウウォッチドッグタイムアウト時間を備えています。ウォッチドッグ機能はディセーブルすることができます。

    MAX6791~MAX6794は、各レギュレータを個別に制御するデュアルイネーブル入力(ENABLE1およびENABLE2)を備えています。単一出力のMAX6795/MAX6796は、イネーブル入力(ENABLE)を1つ備えています。

    いずれのデバイスも、外付け部品が不要で自己保持回路の実装をサポートする保持入力アクティブローHOLDを内蔵しています。このレギュレータはイネーブルされると、ENABLE/ENABLE1がその後ローに設定されても、アクティブローHOLDをローに設定するとレギュレータはオン状態を維持します。アクティブローHOLDを解放すると、レギュレータはシャットダウンされます。

    MAX6791~MAX6796は、放熱特性の高い小型TQFNパッケージで提供されます。5mm x 5mmのパッケージは最大2.7Wの電力損失で、高温、高バッテリ電圧、および高負荷電流状態の間も連続レギュレータ動作をサポートします。

    MAX6791~MAX6796は、-40℃~+125℃の動作温度範囲での動作が保証されています。

    簡略化されたブロック図

    MAX6791、MAX6792、MAX6793、MAX6794、MAX6795、MAX6796:標準アプリケーション回路 MAX6791、MAX6792、MAX6793、MAX6794、MAX6795、MAX6796:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    技術資料

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。