先頭に戻る

シングル/デュアル/トリプル電圧、独立ウォッチドッグ出力付き、µP監視回路

最低0.63Vまで監視する独立したウォッチドッグ出力モニタ付き、シングル/デュアル/トリプル電圧µP監視回路

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Push-Pull
tRESET (min) 1ms to 15ms
15ms to 85ms
85ms to 300ms
>1s
Watchdog Feature Extended Setup Period
Input (WDI)
Input/Output (WDI/WDO)
Watchdog Timeout 1s to 2s
>2s
Supervisor Features Manual Reset
ICC (µA) (max) 37
Package/Pins SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.62
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Push-Pull
tRESET (min) 1ms to 15ms
15ms to 85ms
85ms to 300ms
>1s
Watchdog Feature Extended Setup Period
Input (WDI)
Input/Output (WDI/WDO)
Watchdog Timeout 1s to 2s
>2s
Supervisor Features Manual Reset
ICC (µA) (max) 37
Package/Pins SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.62

主な特長

  • VCC1 (1次電源)リセットスレッショルド電圧:+1.575V~+4.63V
  • VCC2 (2次電源)リセットスレッショルド電圧:+0.79V~+3.08V
  • 可変RSTINスレッショルドにより最低+0.63Vまでの電圧を監視(MAX6734/MAX6735のみ)
  • 6つのリセットタイムアウトオプション
  • 独立の出力付ウォッチドッグタイマ
    • 初期ウォッチドッグスタートアップ期間:35秒(最小)
    • 通常ウォッチドッグタイムアウト期間:1.12秒(最小)
  • マニュアルリセット入力(MAX6730/MAX6731/MAX6734/MAX6735)
  • VCC1またはVCC2 = +0.8Vまでの有効リセット保証
  • プッシュプルアクティブローRESET、またはオープンドレインアクティブローRESET出力
  • 瞬時的なVCC過渡による影響なし
  • 低消費電流:14µA (typ) (+3.6V時)
  • 小型6ピンおよび8ピンSOT23パッケージ
  • AEC-Q100認定:MAX6734KATGD3/V+T、MAX6734KALTD3/V+T

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • コンピュータ/サーバ
  • 産業用機器
  • マルチ電圧システム
  • ポータブルバッテリ駆動機器
  • プリンタおよびファックス
  • セットトップボックス
  • テレコム/ネットワーキング機器

説明

MAX6730~MAX6735はシングル/デュアル/トリプル電圧マイクロプロセッサ(µP)監視回路で、ウォッチドッグタイマおよびマニュアルリセット機能を備えています。MAX6730~MAX6735は、+0.9V~+5Vの電圧を監視する出荷時設定リセットスレッショルド、および最低+0.63Vまでの電圧を監視する可変リセット入力を備えています。これらの機能が組み合わさり、個別のICやディスクリート部品に比べシステム信頼性とシステム精度が大幅に向上します。

アクティブローリセット出力はアサートし、全監視対象電圧がそれぞれのスレッショルドを超えた後にリセットタイムの間アサートされた状態を保持します。複数の出荷時設定リセットスレッショルドの組合わせによって、必要な外付け部品の点数が削減されます。MAX6730/MAX6731は1つの固定電圧、MAX6732/MAX6733は2つの固定電圧、そしてMAX6734/MAX6735は2つの固定電圧と1つの可変電圧を監視します。全デバイスに、1.1ms~1120msの範囲で6個の最小リセットタイムアウト期間が設定されています。

MAX6730~MAX6735は、独立ウォッチドッグ出力付きのウォッチドッグタイマを備えています。このウォッチドッグタイマによって、実行エラー時のシステムロックアップを阻止することができます。リセットアサート後の54秒のウォッチドッグスタートアップ遅延の間に、パワーアップ時のシステムを初期化することができます。このウォッチドッグは、通常モードでは初期化後1.68秒の遅延で動作します。MAX6730/MAX6732/MAX6734は、アクティブローのオープンドレインウォッチドッグ出力を備えています。MAX6731/MAX6733/MAX6735 は、アクティブローのプッシュプルウォッチドッグ出力を備えています。

その他の機能としては、マニュアルリセット入力(MAX6730/MAX6731/MAX6734/MAX6735)、プッシュプルリセット出力(MAX6731/MAX6733/MAX6735)、またはオープンドレインリセット出力(MAX6730/MAX6732/MAX6734)などがあります。MAX6730~MAX6733は、小型6ピンSOT23パッケージで提供されます。MAX6734/MAX6735 は、省スペース8ピンSOT23パッケージで提供されます。すべてのデバイスは、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX6730、MAX6731、MAX6732、MAX6733、MAX6734、MAX6735:標準動作回路 MAX6730、MAX6731、MAX6732、MAX6733、MAX6734、MAX6735:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。