先頭に戻る

ピン選択可能なウォッチドッグタイマ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Watchdog Timers
Watchdog Feature Input (WDI)
Input/Output (WDI/WDO)
Pin Selectable
Watchdog Only
Watchdog Timeout 1s to 2s
<1s
>2s
Adjustable
Watchdog Startup Delay (min) <60s
Watchdog Output Open-Drain
ICC (µA) (max) 20
Package/Pins SOT23/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
1.92
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート ピン選択可能なウォッチドッグタイマ Jun 21, 2016
アプリケーションノート Different Ways to Use a MAX6369 Series Watchdog Timer
アプリケーションノート Disable the Watchdog Timer during System Reboot
アプリケーションノート Windowed Watchdog Enhances µP Supervisors
アプリケーションノート Precision DAC and Watchdog Improve Analog Output Safety

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Watchdog Timers
Watchdog Feature Input (WDI)
Input/Output (WDI/WDO)
Pin Selectable
Watchdog Only
Watchdog Timeout 1s to 2s
<1s
>2s
Adjustable
Watchdog Startup Delay (min) <60s
Watchdog Output Open-Drain
ICC (µA) (max) 20
Package/Pins SOT23/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
1.92

主な特長

  • 重要なµPアプリケーション用の高精度ウォッチドッグタイマ
  • ピン選択式のウォッチドッグタイムアウト期間
  • ピン選択式のウォッチドッグスタートアップ遅延期間
  • 電源をサイクルすることなく、ウォッチドッグタイミング特性を変更することが可能
  • オープンドレインまたはプッシュプルのパルス式アクティブローウォッチドッグ出力
  • ウォッチドッグタイマディセーブル機能
  • 動作電圧範囲:+2.5V~+5.5V
  • 低消費電流:8µA
  • 外付部品不要
  • パッケージ:超小型8ピンSOT23
  • AEC-Q100認定(MAX6369KA/V+およびMAX6374KA/V+のみ)

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • クリティカルなµPおよびマイクロコントローラ(µC)監視
  • 組込み制御システム
  • 産業用コントローラ
  • ネットワーキング
  • テレコム

説明

MAX6369~MAX6374は、マイクロプロセッサ(µP)の活動を監視し、システムの動作が不適正である時に信号を出すピン選択式のウォッチドッグタイマです。通常動作中、マイクロプロセッサは選択されたウォッチドッグタイムアウト期間が経過する前に繰り返しウォッチドッグ入力(WDI)をトグルするはずです。これによってシステムが適正にコードを処理していることが示されます。タイムアウト期間が終了する前にµPが有効なウォッチドッグ入力遷移を与えない場合、監視回路はウォッチドッグ(アクティブローWDO)出力を発生することにより、システムが予測された時間フレーム内で希望の命令を実行していないことを知らせます。ウォッチドッグ出力パルスは、µPをリセットしたり、システムに割込みをかけて処理エラーを警告するために使用できます。

MAX6369~MAX6374は、コード実行エラーを知らせることによってシステム信頼性を向上するフレキシブルなウォッチドッグタイマです。このファミリはいくつかのピン選択式のウォッチドッグタイミングオプションを提供しており、広範囲のシステムタイミングアプリケーションに合せることができます。
  • ウォッチドッグスタートアップ遅延:ウォッチドッグタイマがスタートする前の初期遅延を提供します。
  • ウォッチドッグタイムアウト期間:初期スタートアップ遅延の後の通常動作ウォッチドッグタイムアウト期間。
  • ウォッチドッグ出力/タイミングオプション:オープンドレイン(100ms)またはプッシュプル(1ms)。
MAX6369~MAX6374は+2.5V~+5.5Vの電源電圧範囲で動作し、小型8ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX6369、MAX6370、MAX6371、MAX6372、MAX6373、MAX6374:ファンクションダイアグラム MAX6369、MAX6370、MAX6371、MAX6372、MAX6373、MAX6374:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート ピン選択可能なウォッチドッグタイマ Jun 21, 2016
アプリケーションノート Different Ways to Use a MAX6369 Series Watchdog Timer
アプリケーションノート Disable the Watchdog Timer during System Reboot
アプリケーションノート Windowed Watchdog Enhances µP Supervisors
アプリケーションノート Precision DAC and Watchdog Improve Analog Output Safety

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。