先頭に戻る

4出力、クワッド電圧モニタ、µMAXパッケージ

業界唯一のクワッド電圧モニタ、µMAXパッケージ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Supervisors (4 Monitored Voltages)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Open Drain
tRESET (min) <1ms
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Negative Voltage
ICC (µA) (max) 40
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
2.64
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (4 Monitored Voltages)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 2.5
Reset Out Active Low
Open Drain
tRESET (min) <1ms
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Negative Voltage
ICC (µA) (max) 40
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
2.64

主な特長

  • 4つの電圧を監視(出荷時設定またはユーザ可変)
    • +5.0V、+3.3V、+3.0V、+2.5V、+1.8V、-5.0V (公称)またはユーザ可変設定
  • 低消費電流:25µA
  • 4つの独立したオープンドレインアクティブロー出力
  • 電源電圧範囲:+2.5V~+5.5V
  • -40℃~+85℃で保証
  • 外付部品不要
  • パッケージ:小型10ピンµMAXパッケージ

アプリケーション/用途

  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • データ記憶装置
  • ハイエンドプリンタ
  • 産業用機器
  • ネットワーク機器
  • セットトップボックス
  • テレコム

説明

MAX6338は、外付部品なしで最大4つの電源を監視する能力を備えたクワッド電圧モニタです。MAX6338 を特定のアプリケーションに対して最適化できるように、様々な出荷時トリミングのスレッショルド電圧および電源公差が提供されています。監視する入力電圧としては、+5.0V、+3.3V、+3.0V、+2.5V、+1.8V、-5.0Vが 提供されています。もう1つの高入力インピーダンスコンパレータが追加されている場合は、可変電圧モニタ、汎用コンパレータまたはディジタルレベルトランスレータとして使用することが可能です。

各監視電圧は、公称電圧よりも5%または10%低い電源公差をサポートできるようなトリップスレッショルドで提供されています。内部バンドギャップリファレンスにより、拡張動作温度範囲(-40℃~+85℃)における正確なトリップスレッショルドが保証されています。

MAX6338の消費電流は25µA (typ)で、+2.5V~+5.5Vの電源電圧で動作します。VCCが最小動作電圧よりも低くなると、内部低電圧ロックアウト回路が4つのディジタル出力の全てを強制的にローにします。4つのディジタル出力はいずれもVCCへの弱い内部プルアップを備えているため、ワイヤOR接続が可能です。各入力スレッショルド電圧が独立した出力を備えています。

MAX6338は10ピンµMAX®パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX6338:標準動作回路 MAX6338:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。