先頭に戻る

4ピン、超低電圧、低電力µPリセット回路、マニュアルリセット付

業界初、マニュアルリセット付き、1.8V電源用スタンドアロンリセットIC、SOTパッケージ

製品の詳細

MAX6335/MAX6336/MAX6337は、1.8V~3.3Vマイクロプロセッサ(µP)およびディジタル機器の電源を監視するµP監視回路です。これらのデバイスは外付部品および調整を必要としないため、回路の信頼性向上、コスト削減を実現します。また、デバウンス付きのマニュアルリセット入力も備えています。

いずれのデバイスも、VCC電源電圧が予め設定されたスレッショルドよりも低くなるか、またはマニュアルリセットが発生した時にリセット信号を発生します。VCCがリセットスレッショルドよりも高く上がるかまたはマニュアルリセットが停止した後も、予め設定されたタイムアウト期間の間はリセット状態を維持します。3つの製品の唯一の違いは出力です。MAX6336 (プッシュプル)およびMAX6337 (オープンドレイン)はアクティブローRESET出力、MAX6335 (プッシュプル)はアクティブハイのRESET出力を備えています。MAX6335/MAX6336はVCCが0.7Vに下がるまで正しい状態を保つことが保証されています。MAX6337はVCCが1.0Vに下がるまで正しい状態を保つことが保証されています。

これらのICのリセットコンパレータはVCCの高速トランジェントを無視するように設計されています。リセットスレッショルドは1.6V~2.5Vの間で約100mV刻みの出荷時設定が可能で、15種類の標準バージョンが用意されています(最小注文数は2500個)。非標準バージョンについてはお問い合わせ下さい(最小注文数は1万個)。MAX6335/MAX6336/MAX6337は省スペースの4ピンSOT143パッケージで提供されています。

主な機能

  • 超低電源電圧:0.7V
  • 低消費電流:3.3µA
  • 1.8Vおよび2.5V電源電圧の高精度監視
  • リセットスレッショルド:1.6V~2.5V (100mV刻み)
  • デバウンス付きのマニュアルリセット
  • 全温度範囲で完全に仕様測定済み
  • 3つのパワーオンリセットパルス幅:1ms (min)、20ms (min)、100ms (min)
  • 低コスト
  • 3つの出力構造:プッシュプルアクティブローRESET、プッシュプルRESET、オープンドレインアクティブローRESET
  • VCC = 0.7VまでRESET/アクティブローRESETの有効性を保証(MAX6335/MAX6336)
  • 電源トランジェント耐性
  • 外付部品不要
  • パッケージ:4ピンSOT143
  • MAX811/MAX812およびMAX6314/MAX6315とピンコンパチブル

アプリケーション/用途

  • 車載用電子機器
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • コントローラ
  • クリティカルなµPおよびµC電源監視
  • インテリジェント機器
  • Pentium® IIコンピュータ
  • ポータブルバッテリ駆動機器
Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 1.8
Reset Out Active Low
Open Drain
tRESET (min) 1ms to 15ms
15ms to 85ms
85ms to 300ms
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Manual Reset
ICC (µA) (max) 7
Package/Pins SOT23/4
Budgetary
Price (See Notes)
$1.42 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX6335、MAX6336、MAX6337:標準動作回路 MAX6335、MAX6336、MAX6337:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (1 Monitored Voltage)
Reset Thresh. (V) 1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
Reset Thresh. Accur. (%) (@ +25°C) 1.8
Reset Out Active Low
Open Drain
tRESET (min) 1ms to 15ms
15ms to 85ms
85ms to 300ms
Watchdog Feature No Watchdog
Supervisor Features Manual Reset
ICC (µA) (max) 7
Package/Pins SOT23/4
Budgetary
Price (See Notes)
$1.42 @1k

主な機能

  • 超低電源電圧:0.7V
  • 低消費電流:3.3µA
  • 1.8Vおよび2.5V電源電圧の高精度監視
  • リセットスレッショルド:1.6V~2.5V (100mV刻み)
  • デバウンス付きのマニュアルリセット
  • 全温度範囲で完全に仕様測定済み
  • 3つのパワーオンリセットパルス幅:1ms (min)、20ms (min)、100ms (min)
  • 低コスト
  • 3つの出力構造:プッシュプルアクティブローRESET、プッシュプルRESET、オープンドレインアクティブローRESET
  • VCC = 0.7VまでRESET/アクティブローRESETの有効性を保証(MAX6335/MAX6336)
  • 電源トランジェント耐性
  • 外付部品不要
  • パッケージ:4ピンSOT143
  • MAX811/MAX812およびMAX6314/MAX6315とピンコンパチブル

アプリケーション/用途

  • 車載用電子機器
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • コントローラ
  • クリティカルなµPおよびµC電源監視
  • インテリジェント機器
  • Pentium® IIコンピュータ
  • ポータブルバッテリ駆動機器

説明

MAX6335/MAX6336/MAX6337は、1.8V~3.3Vマイクロプロセッサ(µP)およびディジタル機器の電源を監視するµP監視回路です。これらのデバイスは外付部品および調整を必要としないため、回路の信頼性向上、コスト削減を実現します。また、デバウンス付きのマニュアルリセット入力も備えています。

いずれのデバイスも、VCC電源電圧が予め設定されたスレッショルドよりも低くなるか、またはマニュアルリセットが発生した時にリセット信号を発生します。VCCがリセットスレッショルドよりも高く上がるかまたはマニュアルリセットが停止した後も、予め設定されたタイムアウト期間の間はリセット状態を維持します。3つの製品の唯一の違いは出力です。MAX6336 (プッシュプル)およびMAX6337 (オープンドレイン)はアクティブローRESET出力、MAX6335 (プッシュプル)はアクティブハイのRESET出力を備えています。MAX6335/MAX6336はVCCが0.7Vに下がるまで正しい状態を保つことが保証されています。MAX6337はVCCが1.0Vに下がるまで正しい状態を保つことが保証されています。

これらのICのリセットコンパレータはVCCの高速トランジェントを無視するように設計されています。リセットスレッショルドは1.6V~2.5Vの間で約100mV刻みの出荷時設定が可能で、15種類の標準バージョンが用意されています(最小注文数は2500個)。非標準バージョンについてはお問い合わせ下さい(最小注文数は1万個)。MAX6335/MAX6336/MAX6337は省スペースの4ピンSOT143パッケージで提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX6335、MAX6336、MAX6337:標準動作回路 MAX6335、MAX6336、MAX6337:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。