先頭に戻る

4~7入力車載電源システムモニタファミリ

業界唯一の車載認定、ASIL-Dパワーシステムモニタ、チャレンジ&レスポンスウォッチドッグ内蔵

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Supervisors (> 5 Monitored Voltages)
Reset Thresh. (V) 0 to 1.2
1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Out Open Drain
# Voltages Monitored 7
Interface Factory Fixed
tRESET (min) <1ms
Adjustable
Watchdog Feature Input (WDI)
Watchdog Timeout 1s to 2s
Supervisor Features Overvoltage/Window Monitor
ICC (µA) (max) 210
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.45
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (<u>></u> 5 Monitored Voltages)
Reset Thresh. (V) 0 to 1.2
1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Out Open Drain
# Voltages Monitored 7
Interface Factory Fixed
tRESET (min) <1ms
Adjustable
Watchdog Feature Input (WDI)
Watchdog Timeout 1s to 2s
Supervisor Features Overvoltage/Window Monitor
ICC (µA) (max) 210
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.45

主な特長

  • 小型ソリューション
    • 動作電源電圧:2.35V~5.50V
    • わずか1つの外付け部品のみが必要
    • 動作電流:150µA
    • パワーダウンモード:8µA
  • 高精度
    • 選択可能なOVモニタ:102.5%~110%
    • 選択可能なUVモニタ:97.5%~90%
    • 精度:±1%
    • ステップサイズ:0.5%
    • ASIL-D準拠
  • 高集積
    • 5つの固定電圧監視入力
    • リモートグランド検出を備えた2つの差動DVSトラッキング電圧監視入力
    • 電源シーケンス記録
    • シンプルまたはチャレンジ&レスポンスウィンドウウォッチドッグ
    • フォルト記録
    • I2Cインタフェース上のCRC
    • 設定可能なI2Cアドレス
    • 誤り訂正符号(ECC)およびリロード機能を備えたOTP設定
    • 設定可能なアクティブローRESET端子
  • エクスポーズドパッドを備えた16ピン側面濡れ性TQFNパッケージ(3mm × 3mm)
  • AEC-Q100認定
  • 動作温度:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • ADAS
  • 自動運転処理システム
  • 電源システム監視およびMCU/SoC監視
  • リモートセンサーモジュール

説明

MAX20480は完全なASIL準拠SoCパワーシステムモニタで、最大7つの電圧監視入力を備えています。各入力は設定可能な2.5%~10%の範囲のOV/UVスレッショルドを備え、精度は±1%です。入力の内の2つは個別のリモートグランド検出入力を備え、内蔵I2Cインタフェースを介してDVSに対応します。

MAX20480は、設定可能なフレキシブルパワーシーケンスレコーダ(FPSR)を内蔵しています。このレコーダは起動およびパワーダウンのタイムスタンプを個別に保存し、オン/オフおよびスリープ/スタンバイ電源シーケンスに対応します。また、MAX20480は設定可能なチャレンジ&レスポンスウォッチドッグ(I2Cインタフェースを介してアクセス可能)および設定可能なアクティブローRESET出力も内蔵しています。

MAX20480は、個別ICまたはディスクリート部品と比較して、信頼性を向上させるとともにシステムサイズおよび部品数を大幅に削減します。MAX20480は、監視回路コントローラと組み合わせて使用した場合にASIL-Dの信頼性に適合します。このデバイスは、-40℃~+125℃の周囲温度範囲にわたって動作するように設計されています。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。