先頭に戻る

nanoPower監視回路ICおよびウォッチドッグタイマ

超低電流監視回路IC、動的ウォッチドッグ内蔵、小型SOTパッケージ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 消費電流:400nA (typ)
  • 動作電源範囲:1.2V~5.5V
  • 電源電圧を監視しシステムリセット信号を提供
  • 入力スレッショルド範囲:1.5V~5V (100mVステップ)
  • ウォッチドッグ機能によって不正なコード実行を検出
  • オープンドレインのリセットおよびウォッチドッグ出力
  • ウォッチドッグタイマイネーブル入力
  • 6ピンWLPパッケージ
  • 6ピンSOT23パッケージ
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • 血糖値モニタ/患者モニタ
  • 計測
  • ポータブル/バッテリ駆動機器
  • タブレット/電子ブックリーダー/モバイル機器

説明

超低電流監視回路ICのMAX16152/MAX16153/MAX16154/MAX16155は、1つのシステム電源電圧およびマイクロプロセッサまたはマイクロコントローラによるコード実行の完全性を監視します。これらの監視回路ICは、VCC電源電圧が最小動作電圧以上で、しかしリセットスレッショルド以下のとき常にリセット出力をアサートします。電源電圧がリセットスレッショルドを上回ったあと、リセット出力はリセットタイムアウト時間の間アサートされたままになり、その後デアサートされます。リセット電圧スレッショルドは1.50V~5.0V (約100mVステップ)が利用可能です。

ウォッチドッグタイマ回路は、マイクロプロセッサまたはマイクロコントローラの活動を監視します。通常動作時、マイクロプロセッサまたはマイクロコントローラは監視回路ICのウォッチドッグタイムアウト時間が経過する前にウォッチドッグ入力(WDI)を繰り返しトグルし、システムがコードを適切に実行していることを確認します。タイムアウト時間が経過する前にマイクロプロセッサまたはマイクロコントローラが有効なウォッチドッグ入力の遷移を提供しない場合、監視回路ICはウォッチドック出力(アクティブローWDO)をアサートしてシステムが予想どおりにコードを実行していないことを通知します。ウォッチドッグ出力パルスは、マイクロプロセッサまたはマイクロコントローラのリセットに使用するか、またはシステムへの割込みに使用して実行エラーを警告することも可能です。MAX16152およびMAX16153はマニュアルリセット入力(アクティブローMR)を備えているため、外部プッシュボタンまたはロジック信号によってリセットパルスを開始することが可能です。MAX16154およびMAX16155はロジック入力(WD_EN)を備えているため、システムはウォッチドッグ機能をイネーブルおよびディセーブルすることができます。

MAX16152およびMAX16154は6ピンWLP (0.86mm × 1.27mm)で提供され、MAX16153およびMAX16155は6ピンSOT23パッケージで提供されます。すべてのデバイスは-40℃~+125℃の温度範囲にわたって動作します。

簡易ブロック図

MAX16152、MAX16153、MAX16154、MAX16155:ファンクションダイアグラム MAX16152、MAX16153、MAX16154、MAX16155:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。