先頭に戻る

MAX16050の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX16050の評価キット Sep 04, 2008

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • DC-DCコンバータなしのQuick Demo Mode評価
  • 最大9つのDC-DCコンバータ出力を監視およびシーケンス
  • 逆シーケンス動作
  • 設定可能なシーケンスオーダー(MAX16050のみ)
  • MAX16050およびMAX16051のデイジーチェーン動作
  • 過電圧およびパワーグッド監視
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • ネットワーキングシステム
  • サーバ
  • ストレージシステム
  • テレコム機器
  • ワークステーション

説明

MAX16050の評価キット(EVキット)は、4チャネルのシーケンス用ICのMAX16050および5チャネルのMAX16051の機能を検証する完全実装および試験済みマルチ電圧シーケンサ回路です。MAX16050のEVキットは、最大9つのDC-DCコンバータ出力を監視し、電圧シーケンスが必要なシステムで正しいパワーアップおよびパワーダウン状態を保証します。

このEVキットは、アクティブローRESET出力信号が特長で、低電圧状態、またはアクティブローSHDN、またはアクティブローFAULT信号がローになったことを表示します。また、専用のアクティブローOV_OUT出力は、EVキットの入力のいずれかが過電圧スレッショルドを超えた場合に過電圧フォルトを示します。このEVキットは、MAX16050およびMAX16051を個別に評価し、この2つのデバイスを互いにデイジーチェーン接続するように構成することができ、これによってユーザは2つのデバイス間で最大9つの電圧をシーケンスおよび監視することができます。また、MAX16050のEVキットは、MAX16050およびMAX16051のチャージポンプ出力を使用して制御される低電流MOSFET用のPCBパッドも提供します。

MAX16050 EVキットは、各ICに1つで2つの電源を使用しています。各電源は2.7V~13.2Vの範囲が可能で、ユーザは中間バス電圧から直接動作させることができます。また、MAX16050のEVキットは、プルアップ抵抗のオープンドレインロジック出力用に追加で2.2V~5.5Vの電源を必要とします。

簡易ブロック図

MAX16050EVKITボード写真 MAX16050EVKIT:ボード写真 Zoom icon

Technical Docs

データシート MAX16050の評価キット Sep 04, 2008

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。