先頭に戻る

逆シーケンス機能付き、電圧モニタ/シーケンサ回路

使いやすい、4/5電圧、パワーアップ/パワーダウンシーケンサ/モニタ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最大6つの電圧の監視/最大5つの電圧のシーケンス(MAX16051)
  • 端子選択可能なシーケンス順序(MAX16050のみ)
  • シャットダウン時の逆シーケンス機能
  • 個別出力による過電圧監視
  • スレッショルド精度:±1.5%
  • 動作電圧範囲:2.7V~16V
  • チャージポンプによって外付けnチャネルFETを完全にエンハンス
  • コンデンサで調整可能なシーケンスの遅延
  • リセットタイムアウトを固定またはコンデンサで調整可能
  • 内蔵の85mAプルダウンによって容量性負荷を高速放電
  • デイジーチェーン可能で複数デバイスと通信
  • 4mm x 4mmの小型28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ネットワーキングシステム
  • サーバ
  • ストレージシステム
  • テレコム機器
  • ワークステーション

説明

MAX16050は最大5つの電圧を監視し、最大4つの電圧をシーケンスするのに対し、MAX16051は最大6つの電圧を監視し、最大5つの電圧をシーケンスします。これらのデバイスは、各電源がオンにされると、調整可能な遅延を提供し、入力電圧VCCを含む、各電源電圧を監視します。すべての電圧が最終値に到達して、リセット遅延タイマーが終了すると、パワーオンリセット(アクティブローRESET)出力がアサートを停止し、マイクロコントローラ(µC)は動作可能になります。いずれかの電圧がそのスレッショルドを下回ると、リセット出力がアサートされて、すべての電圧電源がオフになります。MAX16050/MAX16051は、デイジーチェーン接続することによって、システム内のより多くの数の電圧を制御することができます。

パワーダウンイベント時、MAX16050/MAX16051は出力を逆シーケンスにすることができます。この場合、各電圧は、250mVレベルに達するまで順番にオフになり、250mVの時点で、次の電源がオフになります。また、MAX16050/MAX16051は、パワーダウン時にオンになる内部プルダウン回路構成も備えており、大きい出力コンデンサを放電することができます。

MAX16050/MAX16051は、外付けnチャネルMOSFETを駆動するためのプルアップ電圧として使用可能なチャージポンプ電源出力、および監視対象の電圧がその過電圧スレッショルドを超えたタイミングを示す過電圧出力を備えています。また、MAX16050はシーケンス順序を変更するための3つのシーケンス制御入力も提供します。他方、MAX16051は固定のシーケンス順序となっています。

MAX16050/MAX16051は、28ピンTQFNパッケージ(4mm x 4mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

デザインソリューション:Avoid Catastrophic Power Failures with Proper Voltage Sequencing and Monitoring ›

簡易ブロック図

MAX16050、MAX16051:標準動作回路 MAX16050、MAX16051:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。