MAX16010

超小型、過電圧保護/検出回路


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX16010~MAX16014は、テレコムおよび工業用アプリケーションにおける高電圧、高過渡システム用の超小型、低電力、過電圧保護回路のファミリです。これらのデバイスは5.5V~72Vの広い電源電圧範囲で動作するため、バッテリスタック、ノートブックコンピュータ、およびサーバなどのその他のアプリケーションにも最適です。

MAX16010とMAX16011は、低電圧および過電圧状態を監視する独立した2個のコンパレータを備えています。これらのコンパレータは、最大72Vの電圧に使用可能なオープンドレイン出力を備えています。MAX16010は相補イネーブル入力(EN/アクティブローEN)を特長とし、またMAX16011はアクティブハイイネーブル入力および選択可能なアクティブハイ/ローOUTB出力を特長としています。

MAX16012は1個のコンパレータと独立したリファレンス出力を備えています。コンパレータ出力ロジックを選択するために、リファレンス出力を反転入力または非反転入力のいずれかに直接接続することができます。

MAX16013とMAX16014は、逆接続バッテリと過電圧状態を防止するために2個のpチャネルMOSFETを駆動可能な過電圧保護回路です。第1のMOSFET (P1)は外付けダイオードを不要にするため、入力電圧降下が最小限に抑制されます。第2のMOSFET (P2)は過電圧状態時に負荷を分離するか、または出力電圧をレギュレートします。MAX16014は、入力電源がサイクルされるまでMOSFET (P2)をラッチオフ状態に維持します。

MAX16010とMAX16011は小型8ピンTDFNパッケージで提供され、またMAX16012/MAX16013/MAX16014は小型6ピンTDFNパッケージで提供されます。これらのデバイスは、-40℃~+125℃での動作が完全保証されています。
MAX16010、MAX16011、MAX16012、MAX16013、MAX16014:標準動作回路 MAX16010、MAX16011、MAX16012、MAX16013、MAX16014:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 広い電源電圧範囲:5.5V~72V
  • 最大72Vのオープンドレイン出力(MAX16010/MAX16011/MAX16012)
  • 高速伝搬遅延:2µs (max)
  • 低電圧ロックアウト内蔵
  • pチャネルMOSFETが過電圧状態後にラッチオフ(MAX16014)
  • 調整可能な過電圧スレッショルド
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 3mm x 3mmの小型TDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 48Vテレコム/サーバ/ネットワーキング
  • FireWire®
  • 産業用
  • マルチセル、バッテリスタック駆動装置
  • ノートブックコンピュータ

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.

ツールおよびモデル

  • MAX16010 PSPICE マクロモデル
  • 製品の信頼性レポート: MAX16010.pdf 
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース