先頭に戻る

低電圧、クワッド/ヘックス(6回路)/オクタル(8回路)電圧µP監視回路、TQFNパッケージ

低電圧、クワッド/ヘックス(6回路)/オクタル(8回路)電圧µP監視回路

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Supervisors (> 5 Monitored Voltages)
Reset Thresh. (V) 0 to 1.2
1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Out Active Low
Open Drain
# Voltages Monitored 8
Interface Factory Fixed
R/C Adjustable
tRESET (min) Adjustable
Watchdog Feature Input (WDI)
Watchdog Timeout 1s to 2s
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Manual Reset
ICC (µA) (max) 70
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
5.34
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Supervisors (<u>></u> 5 Monitored Voltages)
Reset Thresh. (V) 0 to 1.2
1.2 to 1.8
1.8 to 2.5
2.5 to 3.3
3.3 to 5.5
Reset Out Active Low
Open Drain
# Voltages Monitored 8
Interface Factory Fixed
R/C Adjustable
tRESET (min) Adjustable
Watchdog Feature Input (WDI)
Watchdog Timeout 1s to 2s
Supervisor Features Adjustable Reset Input
Manual Reset
ICC (µA) (max) 70
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
5.34

主な特長

  • 5V、3.3V、3V、2.5V、1.8V、1.5V、1.2V、および0.9Vシステム用の固定スレッショルド
  • 可変スレッショルドにより最低0.4Vの電圧を監視
  • 内部プルアップ付きのオープンドレイン出力によって外付け部品点数を削減
  • 固定の140ms (min)またはコンデンサで調整可能なリセットタイムアウト
  • マニュアルリセット、マージンイネーブル、および許容値選択入力
  • ウォッチドッグタイマ
    • 1.6s (typ)のタイムアウト期間
    • リセットの54s後の起動遅延(MAX16005を除く)
  • 独立したウォッチドッグ出力(MAX16005)
  • すべての電圧の存在でアクティブローRESET出力
  • 電圧の種類ごとの電圧モニタ
  • 最低VCC = 1Vまで保証された正確なロジック状態
  • 4mm x 4mmの小型TQFNパッケージ
  • 5mm x 4.4mmのTSSOPパッケージ(MAX16005)
  • AEC-Q100認定(MAX16001ATE/V+およびMAX16001DTE/V+のみ)

アプリケーション/用途

  • マルチ電圧ASIC
  • ネットワーキング/電気通信機器
  • サーバ
  • ストレージ機器

説明

MAX16000~MAX16007は、小型のTQFNおよびTSSOPパッケージで提供される低電圧、クワッド/ヘックス/オクタルのµP用電圧監視回路です。これらのデバイスは、複合マルチ電圧システム用の監視機能を備えています。MAX16000/MAX16001/MAX16002は4種の電圧、MAX16003/MAX16004/MAX16005は6種の電圧、そしてMAX16006/MAX16007は8種の電圧を監視します。

MAX16000/MAX16001/MAX16003/MAX16004/MAX16006は、監視対象電圧ごとに独立した出力を備えています。監視対象電圧のいずれかが各スレッショルドを下回るか、またはマニュアルリセット入力がアサートされると、アサートするリセット出力をMAX16001/MAX16002/MAX16004~MAX16007は備えています。全電圧が各スレッショルドを上回り、マニュアルリセット入力がデアサートされると、リセットタイムアウトの間、リセット出力がアサートに維持されます。最小リセットタイムアウトは140msに内部設定され、また外付けコンデンサによって調整することができます。

すべてのオープンドレイン出力は30µAの内部プルアップを備えているため、外付けプルアップ抵抗が不要ですが、各出力を最大5.5Vの外部電圧で駆動することができます。その他の機能には、マニュアルリセット入力、5%または10%の入力スレッショルドの許容値選択端子、およびマージン試験時の出力のデアサート用のマージンイネーブル機能などがあります。

MAX16001/MAX16002/MAX16004~MAX16007は、ウォッチドッグタイムアウト期間(1.6s typ)を超えると、アクティブローRESETまたは独立したウォッチドッグ出力(MAX16005)をアサートするウォッチドッグタイマを備えています。入力をフロートすると、ウォッチドッグタイマをディセーブルすることができます。

これらのデバイスは12、16、20、および24ピンTQFNおよび16ピンTSSOPパッケージで提供されます。-40℃~+125℃での動作が完全保証されます。

簡易ブロック図

MAX16000、MAX16001、MAX16002、MAX16003、MAX16004、MAX16005、MAX16006、MAX16007:標準動作回路 MAX16000、MAX16001、MAX16002、MAX16003、MAX16004、MAX16005、MAX16006、MAX16007:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。