先頭に戻る

アクティブ電流制限付き、過電圧プロテクタ

最大+28Vの入力電圧保護、高精度電流リミッタ、小型2mm x 3mmのTDFNパッケージ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 2.3
VIN (V) (max) 28
Over Voltage Trip Level (V) 5.7
Under Voltage Lockout (V) 4.2
tGATE (On) (ms) 1.5
tGATE (Off) (µs) 5
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.5
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 2.3
VIN (V) (max) 28
Over Voltage Trip Level (V) 5.7
Under Voltage Lockout (V) 4.2
tGATE (On) (ms) 1.5
tGATE (Off) (µs) 5
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.5

主な特長

  • 入力電圧保護:最大+28V
  • 内蔵nFETスイッチ:85mΩ (typ)
  • プリセット過電圧保護トリップレベル
    • 5.7V (typ) (MAX4978/MAX4980/MAX4981)
    • 6.8V (typ) (MAX4979)
  • 低電流、低電圧ロックアウトモード
  • 過電流保護
  • 内部固定起動遅延:160ms (typ)
  • サーマルシャットダウン保護
  • バッテリ過充電保護(MAX4980/MAX4981)
  • 起動時のデバウンス時間インジケータ(MAX4978/MAX4979)
  • 小型8ピンTDFNパッケージ(2mm x 3mm)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デジタルスチルカメラ
  • MP3プレーヤー
  • PDAおよびパームトップ機器

説明

過電圧保護デバイスのMAX4978~MAX4981は、低電圧システムを最大+28Vの電圧障害から保護し、85mΩの低RON FET、アクティブ電流リミッタ、およびリチウムイオンバッテリ過充電保護(MAX4980/MAX4981)を備えています。これらのデバイスは、ポータブル機器のチャージャ入力ポートを保護するために使用されます。

過電圧プロテクタ機能は、5.7V (MAX4978/MAX4980/MAX4981)と6.8V (MAX4979)の2種類のトリップスレッショルドで最大28Vの電圧から機器を保護します。4.4V (MAX4978)と2.63V (MAX4979/MAX4980/MAX4981)の2種類のトリップスレッショルドを持つ低電圧プロテクタ機能を備えています。

過電流リミッタとバッテリ電圧モニタ機能は、リチウムイオンバッテリチャージャの2番目の保護層を提供します。過電流リミッタは、0.9A (MAX4978/MAX4979/MAX4980)と1.95A (MAX4981)の2種類のスレッショルドで使用することができます。電流がスレッショルドに達すると、過電流制限は20msのブランキング時間の間、維持されます。ブランキング時間の経過後も電流がまだ制限値に留まっている場合は、FETがオフになり、デバイスは160ms後にこのサイクルを再スタートします。バッテリ電圧モニタは、リチウムイオンバッテリの電圧を測定し、バッテリ電圧が4.4V (MAX4980/MAX4981)に達するとFETをディセーブルにします。

MAX4978~MAX4981は、小型8ピンTDFNパッケージ(2mm x 3mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4978、MAX4979、MAX4980、MAX4981:標準動作回路 MAX4978、MAX4979、MAX4980、MAX4981:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。