先頭に戻る

FET内蔵、過電圧保護コントローラ

外付けnFET不要で最大+28Vの入力電圧保護を提供

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート FET内蔵、過電圧保護コントローラ Aug 21, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧保護:最大+28V
  • nFETスイッチ内蔵
  • 過電圧保護トリップレベルをプリセット
    • 7.40V (MAX4943)
    • 6.35V (MAX4944_)
    • 5.80V (MAX4945_)
    • 4.56V (MAX4946)
    • 8.90V (MAX4949)
  • 低電流の低電圧ロックアウトモード
  • 短絡保護(ラッチオフ/自動再試行)
  • 15ms (typ)の起動遅延および再試行時間内蔵
  • 入力電圧パワーグッドロジック出力
  • 熱シャットダウン保護
  • 小型8ピンµDFNパッケージ(2mm x 2mm)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デジタルスチルカメラ
  • MP3プレーヤー
  • PDAおよびパームトップ機器

説明

過電圧保護デバイスファミリのMAX4943~MAX4946/MAX4949は80mΩ (typ)の低RONのFETを内蔵し、最大+28Vの電圧障害から低電圧システムを保護します。また、これらのデバイスはオプションの外付けpFETも駆動し、逆電流保護付きの負荷に接続されると最低-28Vまで保護します。入力電圧が過電圧スレッショルドを上回ると、内蔵FETがオフにされ、保護対象部品への損傷を防ぎます。

すべてのスイッチが、最低1.2Aの電流制限保護を備えています。短絡発生時には、MAX4944BおよびMAX4945Bはスイッチをラッチオフ状態に移行します。このラッチオフ状態では、スイッチはオフにされ、オフ状態を維持します。自動再試行デバイスの場合は、スイッチはオフにされ、15ms (typ)の再試行時間の後に常時チェックされます。

過電圧スレッショルド(OVLO)は、7.4V、6.35V、5.8V、4.56V、または8.9Vにプリセットされています。低電圧ロックアウト(UVLO)スレッショルドは、2.45Vおよび4.15Vにプリセットされています。入力電圧が低電圧ロックアウト(UVLO)スレッショルドを下回ると、これらのデバイスは低電流スタンバイモードに移行します(UVLO/OVLOの詳細についてはフルデータシートの「Ordering Information/Selector Guide (型番/選択ガイド)」をご参照ください)。

全デバイスが小型8ピンµDFN (2mm x 2mm)パッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4943、MAX4944、MAX4944L、MAX4945、MAX4946、MAX4949:標準動作回路 MAX4943、MAX4944、MAX4944L、MAX4945、MAX4946、MAX4949:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート FET内蔵、過電圧保護コントローラ Aug 21, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。