先頭に戻る

低スタンバイ電流の過電圧保護コントローラ

業界最小の過電圧保護コントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 1.2
VIN (V) (max) 28
Over Voltage Trip Level (V) 5.8
Under Voltage Lockout (V) 4.15
VGATE (V) 10
Over Volt. Flag Open-Drain
tGATE (On) (ms) 10
tGATE (Off) (µs) 6
Package/Pins ULTRA THIN LGA/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.17
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 1.2
VIN (V) (max) 28
Over Voltage Trip Level (V) 5.8
Under Voltage Lockout (V) 4.15
VGATE (V) 10
Over Volt. Flag Open-Drain
tGATE (On) (ms) 10
tGATE (Off) (µs) 6
Package/Pins ULTRA THIN LGA/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.17

主な特長

  • 過電圧保護:最大28V
  • 7.4V、6.35V、5.8V、または4.65Vの過電圧トリップレベルにプリセット
  • 低レベルの低電圧ロックアウトスタンバイ電流:10µA
  • 低コストのnMOSFETを駆動
  • 50msの起動遅延回路内蔵
  • チャージポンプ内蔵
  • 過電圧障害FLAGインジケータ
  • 6ピンµDFNパッケージ(1.5mm x 1.0mm)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デジタルスチルカメラ
  • MP3プレーヤー
  • PDAおよびパームトップ機器

説明

過電圧保護コントローラのMAX4843~MAX4846は、最大28Vの高電圧障害から低電圧システムを保護します。入力電圧が過電圧スレッショルドを超えると、これらのデバイスは低コストの外付けnチャネルFETをオフとして、保護対象部品の損傷を防ぎます。チャージポンプを内蔵しているため、FETゲートを駆動するのに外付けコンデンサが不要になり、シンプルで信頼性の高いソリューションが実現します。

過電圧トリップレベルは7.4V (MAX4843)、6.35V (MAX4844)、5.8V (MAX4845)、または4.65V (MAX4846)に設定することができます。入力電圧が低電圧ロックアウト(UVLO)スレッショルドを下回ると、これらのデバイスは低電流スタンバイモード(10µA)に移行します。MAX4843/MAX4844/MAX4845は4.15VのUVLOスレッショルドを、MAX4845C/MAX4845Dは2.2VのUVLOスレッショルドを、そしてMAX4846は2.5VのUVLOスレッショルドを備えています。単一のFET構成だけでなく、これらのデバイスをバックトゥバック接続した外付けFETで構成し、電流のアダプタへの逆流を防ぐことができます。

その他の機能には、1µFコンデンサでグランドにバイバスする際の±15kVのESD保護された入力などがあります。すべてのデバイスは小型6ピンµDFNパッケージ(1.5mm x 1.0mm)および6ピン超薄型LGA (MAX4845EYT+Tのみ)パッケージ(1.5mm x 1.0mm)で提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4843、MAX4844、MAX4845、MAX4846:標準動作回路 MAX4843、MAX4844、MAX4845、MAX4846:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。