Power
先頭に戻る

可変電流制限スイッチ、低電力モード内蔵

最大22Vの拡張動作範囲と調整可能な電流制限モードによって非常に汎用的なソリューションを提供

製品詳細

設定可能な電流制限スイッチのMAX20333/A/B/C/D/E/F/G/H/I/J/Kは、内部電流制限を備え、障害がある負荷状態によるホストデバイスの損傷を防ぎます。これらの電流制限スイッチは低い、23mΩ (typ)のオン抵抗を備え、+3.5V~+22Vの入力電圧範囲で動作します。

MAX20333ファミリは、通常モード(NM)、高電流モード(HCM)、および低電力モード(LPM)の3つの動作モードを備えています。NMでは、デバイスは設定可能な0.2A~4.75Aの電流制限保護を提供します。電流制限スレッショルドは、適切な抵抗をSETI端子に接続することによって設定可能です。電流が設定されたスレッショルドに達すると、デバイスは電流がそれ以上増大するのを防ぎます。デバイスは、電流制限時に自動再試行、ラッチオフ、連続的の3種類の方法で応答することができます。SETI端子の電圧は常にOUT端子から流れる電流に比例し、ADCによって読み取ることができます。

高電流モード(HCM)では、電流制限スレッショルドは2倍され、内部上限は5.5Aに設定されます。SETIの電圧はINに流れ込む電流に比例しますが、0.5倍されます。低電力モード(LPM)では、デバイスの消費電流は大幅に低減され、オン抵抗は420mΩ (typ)ですが、やはり過電流保護を提供します。スイッチを流れる電流が0.4A (typ)を超えると、スイッチはオープンになります。

これらのデバイスは15ピンWLPパッケージ(2.1mm × 1.52mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

主な機能

  • 柔軟な動作
    • 広範囲の設定可能な電流制限:0.2A~4.75A
    • 広い動作範囲:3.5V~22V
    • 3種類の電流制限モード:NM、HCM、LPM
    • 3種類の電流制限動作:自動再試行、ラッチオフ、連続的
    • パワーグッド入力
    • 電流監視
  • 安全な動作
    • 高精度電流制限
    • 出力短絡保護
    • 過熱保護
    • フラグ出力
  • UL 2367認定–ファイル番号E211395
    • MAX20333/A/F/Gのみ
    • 4.9A/100W (max)
  • 省電力
    • 出力短絡保護を備えた低電力モード(LPM)

アプリケーション/用途

  • バッテリ切断スイッチ
  • 汎用電源スイッチ
  • USBポート保護スイッチ
Parametric specs for Current Limit Switches
Current Limit (mA) (min) 200
Current Limit (mA) (max) 5500
# Power Switches 1
USB Yes
Fault Indicator Yes
Current Limit Accuracy (%) 7
Current Limit Set By Resistor
Lowest Adj. Setting (A) 0.2
RON (Ω) (typ) 0.023
VSUPPLY (V) (min) 3.5
VSUPPLY (V) (max) 22
Supported Charging Configurations USB-C
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins THIN WLP/15
Budgetary
Price (See Notes)
$0.90 @1k
View More

簡略化されたブロック図

MAX20333、MAX20333A:標準アプリケーション回路 MAX20333、MAX20333A:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX20333の評価キット(EVキット)は、0.2A~4.75A可変電流制限スイッチデバイスのMAX20333を実証する完全実装および試験済みの回路基板です。このEVキットにはMAX20333ENL+が実装されています。このEVキットのボードは、MAX20333A/B/C/ D/E/F/G/H/I/J/Kの評価にも使用することができます。

詳細を見る

特徴

  • 動作電圧範囲:3.5V~22V
  • 出力およびフラグLED読取り
  • 調整可能な電流制限設定
  • 調整可能なブランキング時間(PBTバージョン)
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for Current Limit Switches
Current Limit (mA) (min) 200
Current Limit (mA) (max) 5500
# Power Switches 1
USB Yes
Fault Indicator Yes
Current Limit Accuracy (%) 7
Current Limit Set By Resistor
Lowest Adj. Setting (A) 0.2
RON (Ω) (typ) 0.023
VSUPPLY (V) (min) 3.5
VSUPPLY (V) (max) 22
Supported Charging Configurations USB-C
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins THIN WLP/15
Budgetary
Price (See Notes)
$0.90 @1k

主な機能

  • 柔軟な動作
    • 広範囲の設定可能な電流制限:0.2A~4.75A
    • 広い動作範囲:3.5V~22V
    • 3種類の電流制限モード:NM、HCM、LPM
    • 3種類の電流制限動作:自動再試行、ラッチオフ、連続的
    • パワーグッド入力
    • 電流監視
  • 安全な動作
    • 高精度電流制限
    • 出力短絡保護
    • 過熱保護
    • フラグ出力
  • UL 2367認定–ファイル番号E211395
    • MAX20333/A/F/Gのみ
    • 4.9A/100W (max)
  • 省電力
    • 出力短絡保護を備えた低電力モード(LPM)

アプリケーション/用途

  • バッテリ切断スイッチ
  • 汎用電源スイッチ
  • USBポート保護スイッチ

説明

設定可能な電流制限スイッチのMAX20333/A/B/C/D/E/F/G/H/I/J/Kは、内部電流制限を備え、障害がある負荷状態によるホストデバイスの損傷を防ぎます。これらの電流制限スイッチは低い、23mΩ (typ)のオン抵抗を備え、+3.5V~+22Vの入力電圧範囲で動作します。

MAX20333ファミリは、通常モード(NM)、高電流モード(HCM)、および低電力モード(LPM)の3つの動作モードを備えています。NMでは、デバイスは設定可能な0.2A~4.75Aの電流制限保護を提供します。電流制限スレッショルドは、適切な抵抗をSETI端子に接続することによって設定可能です。電流が設定されたスレッショルドに達すると、デバイスは電流がそれ以上増大するのを防ぎます。デバイスは、電流制限時に自動再試行、ラッチオフ、連続的の3種類の方法で応答することができます。SETI端子の電圧は常にOUT端子から流れる電流に比例し、ADCによって読み取ることができます。

高電流モード(HCM)では、電流制限スレッショルドは2倍され、内部上限は5.5Aに設定されます。SETIの電圧はINに流れ込む電流に比例しますが、0.5倍されます。低電力モード(LPM)では、デバイスの消費電流は大幅に低減され、オン抵抗は420mΩ (typ)ですが、やはり過電流保護を提供します。スイッチを流れる電流が0.4A (typ)を超えると、スイッチはオープンになります。

これらのデバイスは15ピンWLPパッケージ(2.1mm × 1.52mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX20333、MAX20333A:標準アプリケーション回路 MAX20333、MAX20333A:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.