先頭に戻る

高精度HV対応ID検出器

ID検出器、ファクトリーモード内蔵

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 36
Over Voltage Trip Level (V) 6.8
VGATE (V) 5.75
tGATE (On) (ms) 0.5
tGATE (Off) (µs) 0.1
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins WLP/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.78
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 36
Over Voltage Trip Level (V) 6.8
VGATE (V) 5.75
tGATE (On) (ms) 0.5
tGATE (Off) (µs) 0.1
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins WLP/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.78

主な特長

  • 最小限の消費電力でバッテリ接続モジュールを保護
    • 超低シャットダウン電流:2.8µA (Typ)
    • 超低ID検出電流:2µA (Typ)
  • 柔軟なID検出およびサポート
    • 自動およびマニュアルID値検出
    • ファクトリーモード検出
    • 自動デバイス検出および割込み
  • ID過電圧保護
    • 高電圧入力をブロック
  • システム信頼性における最高のセキュリティを提供
    • 高入力電圧耐性
    • サーマルシャットダウン保護
  • 省スペース
    • 8ピンWLP (1.77mm × 1.03mm、0.35mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • 電子書籍リーダー
  • スマートフォン
  • タブレットPC

説明

MAX20330AはID検出ICで、イネーブル時にID抵抗値を検出します。このデバイスは検出電流を自動的に調整し、平均消費電流を低く抑えながら広範囲のID抵抗値をチェックします。

MAX20330Aはファクトリーモードに対応し、システムまたはバッテリ電流を直接測定することができます。このデバイスは、ID端子の最大40Vの過電圧から内部電源を保護します。

このデバイスは8ピン、ウェハレベルパッケージ(WLP) (1.77mm × 1.03mm、0.35mmピッチ)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX20330A:標準動作回路 MAX20330A:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。