先頭に戻る

低オン抵抗、双方向過電圧プロテクタ、電流検出内蔵

集積型低RON OVP、直接充電用の電流検出内蔵

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) -0.3
VIN (V) (max) 29
Over Voltage Trip Level (V) Adjustable (4.7V)
Under Voltage Lockout (V) 2
tGATE (On) (ms) 4
tGATE (Off) (µs) 0.2
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins WLP/30
Budgetary
Price (See Notes)
0
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) -0.3
VIN (V) (max) 29
Over Voltage Trip Level (V) Adjustable (4.7V)
Under Voltage Lockout (V) 2
tGATE (On) (ms) 4
tGATE (Off) (µs) 0.2
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins WLP/30
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • ポータブル機器を保護
    • 広い動作入力電圧:+3V~+28V
    • 連続電流能力:6A
    • 23mΩ (typ)オン抵抗内蔵
  • 柔軟な過電圧保護
    • 広い、調整可能なOVLOスレッショルド範囲:+3.5V~+5.5V
    • OTGによってOUTからVBUSへの給電が可能
    • プリセットされた高精度内部OVLO
  • 追加の保護機能によってシステム信頼性が向上
    • サージ耐性:100V以上
    • ソフトスタートによって突入電流を最小化
    • ±10%精度の電流検出出力およびシャットダウン入力
    • サーマルシャットダウン保護
    • フラグ出力:アクティブローOVPF、OCF、NCF、アクティブローACOK (MAX20305)
    • パワーOK (POK) 4V安定化出力(MAX20306)
  • 省スペース
    • 30ピン(2.65mm x 2.23mm)

アプリケーション/用途

  • ファブレット
  • スマートフォン
  • タブレット

説明

MAX20305/MAX20306は、高価な民生機器回路への最大+28VDCの正の電圧フォルトに対する保護を提供する過電圧プロテクタです。また、内部クランプは最大±100Vのサージからデバイスを保護します。過電流フラグを使用してデバイスをシャットダウンすることが可能です。

これらのデバイスは、逆バイアスブロック機能を備えています。他の過電圧プロテクタと異なり、デバイスのディセーブル時、OUTに印加される電圧はVBUS側にフィードバックされません。また、これらのデバイスはOTGイネーブル(OTG_EN)も備え、OUTが出力スタートアップ電圧より高い場合にOUTの電圧でVBUSに給電することができます。

これらの過電圧保護デバイスは、高電圧、低オン抵抗(23mΩ、typ)のFETを内蔵し、デバイス両端の電圧降下を効果的に最小化します。入力電圧が過電圧スレッショルドを上回ると、内部FETがオフになり、保護対象部品の損傷を防ぎます。また、これらのデバイスは過負荷状態に対するサーマルシャットダウン保護も備えています。

過電圧保護スレッショルドは、オプションの外付け抵抗で3.5V~5.5Vの範囲の任意の電圧に調整可能です。過電圧ロックアウト入力が外部OVLO選択電圧以下に設定されている場合、これらのデバイスは自動的に高精度内部トリップスレッショルドを選択します。内部OVLOは4.7V (typ)にプリセットされています。

これらのデバイスは30ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (2.65mm x 2.23mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。