先頭に戻る

外部MOSFET、理想的なダイオード、リバースバッテリ、および過電圧保護スイッチ/リミッタコントローラ

過電圧保護デバイスは、逆電流保護と小型フォワードドロップを備え、理想的なダイオード

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 19
Over Voltage Trip Level (V) Adjustable (1.2V)
Under Voltage Lockout (V) 4.35
VGATE (V) 7.5
Over Volt. Flag Open-Drain
tGATE (On) (ms) 0.02
tGATE (Off) (µs) 3
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
0.95
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 19
Over Voltage Trip Level (V) Adjustable (1.2V)
Under Voltage Lockout (V) 4.35
VGATE (V) 7.5
Over Volt. Flag Open-Drain
tGATE (On) (ms) 0.02
tGATE (Off) (µs) 3
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
0.95

主な特長

  • 保護ダイオードを置き換えるアーキテクチャによって順方向電圧が低減し、コールドクランク状態での動作が可能
    • 過渡電圧保護:最大+44Vおよび-75V
    • 低い電圧ドロップ(適切なサイズの外部pFETとともに使用した場合)
    • 動作入力電圧:4.5V~19V
  • 最低-75Vまで対応する理想ダイオードバッテリ逆挿入保護によって負電圧過渡時にシステムを保護
    • 逆充電防止によって下流のタンクコンデンサの放電を防止
  • 過電圧保護によって最大+44Vのロードダンプに対するシステムの耐性を実現
    • 過電圧インジケータ
    • 熱過負荷保護
  • 低動作電流によってシステムの保護を維持しながら厳格なモジュール仕様に適合
    • 低動作電流:29µA
    • 低シャットダウン電流:6µA

アプリケーション/用途

  • 産業用

説明

低自己消費電流、過電圧およびリバースバッテリ保護コントローラのMAX16914/MAX16915は、高電圧トランジェントおよびフォルト状態に耐えなければならない車載および産業用システムに向けに設計されています。これらの状態にはロードダンプ、電圧ディップ、および逆入力電圧があります。これらのコントローラは電源ラインの入力電圧を監視し、2つの外付けpFETを制御して、負荷をフォルト状態から隔離します。入力電源が4.5Vを超え、かつ設定された過電圧スレッショルド以内に留まると、外付けのpFETはオンになります。高電圧フォルト状態の間、コントローラは出力電圧を設定された上位スレッショルド電圧に安定化する(MAX16915)か、または過電圧トランジェントの期間にハイインピーダンスに切り替えて(MAX16914)下流の回路を保護します。過電圧発生時はアクティブローのオープンドレイン出力、アクティブローOVによって示されます。

バッテリ逆接続pFETは理想ダイオードとして動作し、順バイアスされた場合に電圧降下を最小にします。逆バイアス条件下ではpFETがオフになり、下流のタンクコンデンサがソースに放電することを防ぎます。

シャットダウン制御はICを完全にオフにして、入力を出力から切断し、TERMをその外付け抵抗分圧器から切断して自己消費電流を最小に低減します。

両デバイスとも、10ピンµMAX®パッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX16914、MAX16915:標準動作回路 MAX16914、MAX16915:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。