先頭に戻る

3.5V~36V理想ダイオードコントローラ、電圧および電流サーキットブレーカ内蔵

車載電源を逆電流導通から保護、ダウンストリームの負荷を高電圧/電流過渡から保護

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 36
Over Voltage Trip Level (V) Adjustable
Under Voltage Lockout (V) Adjustable
VGATE (V) 9
Over Volt. Flag Open-Drain
tGATE (On) (ms) 10
20
40
tGATE (Off) (µs) 100
200
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.18
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage Protection Controllers
# Channels 1
VIN (V) (min) 3.5
VIN (V) (max) 36
Over Voltage Trip Level (V) Adjustable
Under Voltage Lockout (V) Adjustable
VGATE (V) 9
Over Volt. Flag Open-Drain
tGATE (On) (ms) 10
20
40
tGATE (Off) (µs) 100
200
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.18

主な特長

  • 広い電圧範囲
    • 動作電圧範囲:3.5V~36V
    • 保護電圧範囲:-36V~+60V
  • ディスクリートダイオードの消費電力を除去
  • 5µA (typ)シャットダウンモード電流によってバッテリ消費を低減
  • 最大400µAの負荷電流を提供するスリープモード
  • 消費電力を低減するTERMスイッチ
  • 障害が発生した電源を負荷から絶縁
    • オープン時の双方向電流ブロック
    • オープン時の双方向電圧ブロック
  • 電流保護
    • 出荷時調整可能な過電流トリップスレッショルド
    • 出荷時調整可能な逆方向電流トリップスレッショルド
  • 抵抗で調整可能な過電圧および低電圧トリップスレッショルド
  • 車載認定
    • 最低+3.5Vまで動作するため、コールドクランク状態からの始動が可能
    • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • NチャネルMOSFETゲートドライバ:VIN + 9V
  • フォルト出力
    • UVLO、OVLO、過電流、逆方向電流、逆方向バッテリ、およびサーマルシャットダウン
  • AEC-Q100認定MAX16141AAF/V+T

アプリケーション/用途

  • 車載電源システム
  • ネットワーク/テレコム電源システム
  • PoEシステム
  • RAIDシステム
  • サーバ

説明

理想ダイオードコントローラのMAX16141/MAX16141Aは、逆方向電流、逆電圧、過電流、入力過電圧/低電圧、および過熱状態など、各種のシステムフォルトに対するシステム保護を提供します。3.5V~36Vの広い動作電圧範囲、5µA (typ)のシャットダウン電流の組み合わせによって、MAX16141/MAX16141Aは車載アプリケーションに最適です。内蔵チャージポンプはバック・ツー・バックの外付けnFETのゲートをソース接続より9V (typ)高い値に駆動し、ソースと負荷の間の電力損失を最小限に抑えます。

高速動作コンパレータによって、MAX16141/MAX16141Aは入力が出力電圧を下回ってから1µs (max)以内に逆方向電流をブロックすることができます。RSとOUTの間の外付け電流検出抵抗は、過負荷監視機能を提供します。2つの入力端子(OVSETおよびUVSET)は、簡素な抵抗分圧器を使用する入力過電圧および低電圧イベントに対する保護の設定ポイントを提供します。

起動時、MAX16141/MAX16141Aは外部nFETの電圧降下(VIN - VOUT)および負荷電流の過電流フォルトを監視し、VOUTが0.9 × VIN以上であることを確保します。起動イベントが完了すると、MAX16141/MAX16141Aはシステムフォルトに対する保護の準備ができています。通常動作時、システムによってはブラウンアウトまたは短い電力の中断が発生する場合があります。これらの中断からのスムーズなシステム回復を確保するために、MAX16141/MAX16141Aは重要な回路の動作を維持する第2の電源入力(VCC)を備えています。メイン入力電源が回復すると、MAX16141/MAX16141Aは高速モード(70µs、max)でゲートをイネーブルし、出力コンデンサを充電します。

両方のデバイスは、ロジック入力でイネーブルされる低電力モードを備えています。低電力モードでは、これらのデバイスはソースから負荷への電流の流れを制限します。MAX16141の場合、低電力モードはアクティブローのロジック入力SLEEPを使用してイネーブルされます。MAX16141Aの場合、低電力モードはアクティブハイのロジック入力(SLEEP)を使用してアクティブ化されます。

その他の機能として、シャットダウンモード時にUVSETとOVSETの抵抗回路の監視を絶縁する内部スイッチがあり、システムの電力損失の最小化に役立ちます。

MAX16141/MAX16141Aは16ピンTQFNパッケージ(4mm × 4mm × 0.75mm)で提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX16141:ファンクションダイアグラム MAX16141:ファンクションダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。