先頭に戻る

高精度、調整可能パワーリミッタ

温度制御電流フォールドバックを備えた業界初のダイナミックパワーリミッタ

製品の詳細

調整可能な過電圧、低電圧、および過電流保護デバイスのMAX14691~MAX14693は、正過電圧および逆電圧フォルトに加え、過電流フォルトからもシステムを保護します。また、オプションの外付けpMOSFETと共に使用した場合、これらのデバイスは下流回路を最大+58V、-60V (-60V外付けpFET定格使用時)までの電圧フォルトから保護します。これらのデバイスは、31mΩの低オン抵抗のFETを内蔵しています。

起動時、これらのデバイスは、下流デバイスへの入力に大型蓄積コンデンサが使用されたアプリケーションで、出力の大型コンデンサを連続モードで充電するように設計されています。

また、これらのデバイスは2段構成の電流制限モードを特長としており、起動後短時間で、電流はそれぞれ、設定された制限の1倍、1.5倍、および2倍に連続的に制限されます。これによって、起動時の大きな負荷へのより高速な充電が可能となります。

MAX14691~MAX14693は、逆電流および過熱保護も備えています。これらのデバイスは20ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~125℃の温度範囲で動作します。

主な機能

  • 堅牢な、大電力保護によってシステムのダウンタイムを削減
    • 広い動作入力範囲:+5.5V~+58V
    • 負入力耐圧:-60V (外付けpFET定格-60V時)
    • 低RON:31mΩ (typ)
    • 外付けpFET使用時の逆電流ブロック保護
  • 高速起動とブラウンアウト回復が可能
    • サーマルフォールドバック電流制限保護
    • 2段構成の電流制限
      • 起動時電流(MAX14691):1.0倍
      • 起動時電流(MAX14692):1.5倍
      • 起動時電流(MAX14693):2.0倍
  • 柔軟な設計によって再使用が可能で再認定を低減
    • 可変OVLOおよびUVLOスレッショルド
    • 設定可能な順方向電流制限:0.6A~6A、精度±15% (全温度範囲)
    • 標準および高電圧のイネーブル入力(ENおよびアクティブローのHVEN)
    • 外付けpFETゲートドライブ保護
  • 基板スペースを節約し外付けBOM数を低減
    • 20ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)
    • nFET内蔵

アプリケーション/用途

  • 制御およびオートメーション
  • ハイパワーアプリケーション
  • ヒューマンマシンインタフェース
  • 産業用電源システム
  • モーションシステムドライブ
Parametric specs for Overvoltage/Overcurrent Protectors with Internal MOSFETs
VIN (V) (min) 5.5
VIN (V) (max) 58
Current Limit (A) (min) 0.6
Current Limit (A) (max) 6
# Channels 1
Internal Pwr. MOSFETs NMOS
RON (mΩ) (typ) 31
Current Limit Accuracy (%) 10
Fault Response Latchoff
Reverse Current Protect. Yes
Fault Indicator Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/20
Budgetary
Price (See Notes)
$2.92 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX14691、MAX14692、MAX14693:標準アプリケーション回路 MAX14691、MAX14692、MAX14693:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート 高精度、調整可能パワーリミッタ Jun 18, 2015

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX14691の評価キット(EVキット)は、過電圧、低電圧、および過電流保護デバイスのMAX14691を実証する完全実装および試験済み回路基板です。このEVキットは、外付けpチャネルMOSFETおよびLED入力/出力読取りを備えています。このEVキットにはMAX14691ATP+が実装されていますが、U1のICを交換することによって、ピンコンパチブルのMAX14692およびMAX14693デバイスの評価にも使用することができます。EVキットの発注時に、サンプルをご請求ください。

詳細を見る

特長

  • 動作電圧範囲:5.5V~58V
  • 外付けpMOSFET実装済み
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Overvoltage/Overcurrent Protectors with Internal MOSFETs
VIN (V) (min) 5.5
VIN (V) (max) 58
Current Limit (A) (min) 0.6
Current Limit (A) (max) 6
# Channels 1
Internal Pwr. MOSFETs NMOS
RON (mΩ) (typ) 31
Current Limit Accuracy (%) 10
Fault Response Latchoff
Reverse Current Protect. Yes
Fault Indicator Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/20
Budgetary
Price (See Notes)
$2.92 @1k

主な機能

  • 堅牢な、大電力保護によってシステムのダウンタイムを削減
    • 広い動作入力範囲:+5.5V~+58V
    • 負入力耐圧:-60V (外付けpFET定格-60V時)
    • 低RON:31mΩ (typ)
    • 外付けpFET使用時の逆電流ブロック保護
  • 高速起動とブラウンアウト回復が可能
    • サーマルフォールドバック電流制限保護
    • 2段構成の電流制限
      • 起動時電流(MAX14691):1.0倍
      • 起動時電流(MAX14692):1.5倍
      • 起動時電流(MAX14693):2.0倍
  • 柔軟な設計によって再使用が可能で再認定を低減
    • 可変OVLOおよびUVLOスレッショルド
    • 設定可能な順方向電流制限:0.6A~6A、精度±15% (全温度範囲)
    • 標準および高電圧のイネーブル入力(ENおよびアクティブローのHVEN)
    • 外付けpFETゲートドライブ保護
  • 基板スペースを節約し外付けBOM数を低減
    • 20ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)
    • nFET内蔵

アプリケーション/用途

  • 制御およびオートメーション
  • ハイパワーアプリケーション
  • ヒューマンマシンインタフェース
  • 産業用電源システム
  • モーションシステムドライブ

説明

調整可能な過電圧、低電圧、および過電流保護デバイスのMAX14691~MAX14693は、正過電圧および逆電圧フォルトに加え、過電流フォルトからもシステムを保護します。また、オプションの外付けpMOSFETと共に使用した場合、これらのデバイスは下流回路を最大+58V、-60V (-60V外付けpFET定格使用時)までの電圧フォルトから保護します。これらのデバイスは、31mΩの低オン抵抗のFETを内蔵しています。

起動時、これらのデバイスは、下流デバイスへの入力に大型蓄積コンデンサが使用されたアプリケーションで、出力の大型コンデンサを連続モードで充電するように設計されています。

また、これらのデバイスは2段構成の電流制限モードを特長としており、起動後短時間で、電流はそれぞれ、設定された制限の1倍、1.5倍、および2倍に連続的に制限されます。これによって、起動時の大きな負荷へのより高速な充電が可能となります。

MAX14691~MAX14693は、逆電流および過熱保護も備えています。これらのデバイスは20ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~125℃の温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX14691、MAX14692、MAX14693:標準アプリケーション回路 MAX14691、MAX14692、MAX14693:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート 高精度、調整可能パワーリミッタ Jun 18, 2015

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。