DS9502

ESD保護ダイオード


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

This DS9502 is an ESD protection device for 1-Wire® interfaces. If used with circuits that already have strong ESD production at their I/O port, the ESD protection level is raised to more than 27kV (IEC 801-2 reference model). In case of abnormal ESD hits beyond its maximum ratings the DS9502 will eventually fail "short" thus preventing further damage.

During normal operation the DS9502 behaves like a regular 7.5V Zener diode. When the voltage exceeds the trigger voltage, the I/V characteristic of the device will "snapback" allowing the same or higher amount of current to flow, but at a significantly lower voltage. As long as a minimum current or voltage is maintained, the device will stay in the "snapback mode." If the voltage or the current falls below the holding voltage or holding current, the device will abruptly change to its normal mode and conduct only a small leakage current.
DS9502:標準アプリケーション回路 DS9502:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • Zener characteristic with voltage snap-back to protect against ESD hits
  • High avalanche voltage, low leakage and low capacitance avoid signal attenuation
  • Compatible to all 5V logic families
  • Space-saving, low-inductance TSOC surface-mount package
  • Symmetric dual-port bondout to maximize energy dissipation in protection device
  • Industrial temperature range

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: DS9502.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX20334
過電圧およびサージ保護を備えたデュアルSPDTデータラインスイッチ

  • 歪みのない、高速信号処理
  • 柔軟なシステム設計
  • 堅牢性と安全性

MAX17613A
4.5V~60V、3A電流リミッタ、OV、UV、および逆方向保護内蔵

  • 堅牢な保護によってシステムのダウンタイムを削減
  • 柔軟な設計オプションによって再利用が可能で再認定を削減
  • 基板スペースを節約し外付けBOM数を低減

MAX17613B
4.5V~60V、3A電流リミッタ、OV、UV、および逆方向保護内蔵

  • 堅牢な保護によってシステムのダウンタイムを削減
  • 柔軟な設計オプションによって再利用が可能で再認定を削減
  • 基板スペースを節約し外付けBOM数を低減

MAX17613C
4.5V~60V、3A電流リミッタ、OV、UV、および逆方向保護内蔵

  • 堅牢な保護によってシステムのダウンタイムを削減
  • 柔軟な設計オプションによって再利用が可能で再認定を削減
  • 基板スペースを節約し外付けBOM数を低減