先頭に戻る

2.7V~18V、7A、ホットスワップソリューション

業界初、全機能内蔵、7A、ホットスワップソリューション

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 18
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Circuit Breaker
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) Adjustable
Fault Condition Control Periodic Retry
Positive/Negative Rail Positive
Features Integrated MOSFET
Requires No RSENSE
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.36
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 18
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Circuit Breaker
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) Adjustable
Fault Condition Control Periodic Retry
Positive/Negative Rail Positive
Features Integrated MOSFET
Requires No RSENSE
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.36

主な特長

  • 動作電圧範囲:2.7V~18V
  • 24mΩパワーMOSFET内蔵
  • 負荷電流性能:7A
  • 検出抵抗不要
  • 回路ブレーカスレッショルド精度:±10%
  • 調整可能な回路ブレーカ電流
  • 可変速度回路ブレーカ応答
  • サーマル保護
  • パワーグッドおよび障害出力
  • ラッチオフまたは自動再試行オプション
  • ドライブプレゼンス信号入力
  • アクティブローおよびアクティブハイイネーブル

アプリケーション/用途

  • ディスクドライブ電源
  • 産業用
  • RAIDシステム
  • サーバI/Oカード
  • ストレージブリッジベイ

説明

MAX5976A/MAX5976Bは、通電中のバックプレーンから回路ラインカードを安全に挿抜する必要があるホットスワップアプリケーション向けの高集積ソリューションです。これらのデバイスは、ホットスワップコントローラ、24mΩパワーMOSFET、および電子回路ブレーカ保護を単一のパッケージに集積しています。各ICは、2.7V~18Vの電源電圧の保護用に設計されています。

これらのデバイスは、起動時の突入電流制御および短絡保護を提供します。通常動作時、各デバイスは、過負荷および短絡状態に対する回路ブレーカ保護を提供します。この回路ブレーカ機能は、負荷電流が回路ブレーカ制限を超えると負荷への電力を切断します。これらのデバイスは、出荷時に較正されており、±10%精度の高精度な過電流保護を達成します。障害状態時にMAX5976Aは自動再試行モードに移行し、MAX5976Bはラッチオフになります。いずれのバージョンも、抵抗で調整可能な速度可変な回路ブレーカスレッショルドと温度過昇保護を備えています。その他の機能には、パワーグッドおよび障害インジケータ出力があります。

これらのICは、5mm × 5mmの16ピンTQFN-EPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が完全に保証されています。

簡易ブロック図

MAX5976A、MAX5976B:標準アプリケーション回路 MAX5976A、MAX5976B:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。