先頭に戻る

独立したオン/オフ制御付き、低電圧、デュアルホットスワップコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 1
VIN (V) (max) 13.2
# Channels 2
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) 25
Fault Condition Control Latched Off
Periodic Retry
Positive/Negative Rail Positive
Features Undervoltage/Overvoltage Protection
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.18
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 1
VIN (V) (max) 13.2
# Channels 2
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) 25
Fault Condition Control Latched Off
Periodic Retry
Positive/Negative Rail Positive
Features Undervoltage/Overvoltage Protection
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.18

主な特長

  • +1V~+13.2Vの電源で安全にホットスワップ(VIN1またはVIN2が2.7V以上の場合)
  • チャネルごとに独立したオン/オフ制御
  • 内蔵チャージポンプによってnチャネルMOSFETゲートドライブを生成
  • 起動時に突入電流を制御
  • 回路ブレーカ機能
  • 調整可能な回路ブレーカ/25mV~100mVの電流制限スレッショルド
  • VariableSpeed/BiLevel回路ブレーカ応答
  • 自動再試行またはラッチ付き障害管理
  • ステータス出力により障害/安全状態を表示
  • 出力低電圧/過電圧監視または保護
  • アプリケーション/用途

    • 基地局ラインカード
    • 活線挿抜ドータカード
    • ネットワークスイッチ、ルータ、ハブ
    • ポータブルコンピュータ機器ベイ(ドッキングステーション)
    • 電源シーケンシング
    • RAID
    • ソリッドステートブレーカ

    説明

    MAX5955およびMAX5956は、デュアル電源システムの完全保護用の独立したオン/オフ制御付き+1V~+13.2Vのデュアルホットスワップコントローラです。これらのデバイスによって、通電中のバックプレーンに対して回路カードを安全に着脱することができます。入力のいずれか1つが2.7Vを超えている場合は、MAX5955およびMAX5956は最低1Vで動作します。

    回路カードの放電したフィルタコンデンサは、通電中のバックプレーンにとって低インピーダンスとなります。バックプレーンから回路カードへの大突入電流はコネクタまたは部品を焼損させるか、またはバックプレーン電源を瞬間的に破壊して、システムリセットを発生させる場合があります。MAX5955/MAX5956ホットスワップコントローラは、ボードがプラグインされると、出力電圧を逓増し、プリセットした制限値以内に電流を調整することによって、このような問題を排除するため、システムは安全に安定化することができます。起動サイクルが完了すると、2個の内蔵コンパレータは短絡や過電流障害に対してVariableSpeed/BiLevel™保護を行い、システムノイズや負荷トランジェントに対して耐性を示します。障害状態時には、負荷は切り離されます。MAX5955BとMAX5956Bは障害後にラッチを解除する必要があり、MAX5955AとMAX5956Aは障害後に自動的に再起動します。

    MAX5955とMAX5956は、低コストの外付けnチャネルMOSFETのゲートを駆動するチャージポンプを備えています。これらのデバイスは、起動電流レギュレーションや電流グリッチ保護などの機能を備えているため、外付けタイミング抵抗やコンデンサは不要です。これらのデバイスは、オープンドレインステータス出力、調整可能な起動タイマおよび電流制限値を備えています。MAX5955はチャネルごとに出力低電圧/過電圧保護、MAX5956はチャネルごとに低電圧/過電圧監視を行います。

    MAX5955とMAX5956は、省スペース16ピンQSOPパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    MAX5955、MAX5956:標準動作回路 MAX5955、MAX5956:標準動作回路 Zoom icon

    技術資料

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。