先頭に戻る

デュアルFireWire電流リミッタおよび低ドロップOR-ingスイッチコントローラ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for ORing MOSFET Controllers
Reverse Current Protect. Yes
Under Voltage Protect Yes
Charge Pump Cap. No
Soft Start Yes
Enable Yes
Fault Indicator Yes
Package/Pins SOIC (N) HYBRID/16
Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 7.5
VIN (V) (max) 37
# Channels 2
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Fault Condition Control Periodic Retry
Positive/Negative Rail Positive
Features Dual Firewire Controller
Package/Pins SOIC (N) HYBRID/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.76
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for ORing MOSFET Controllers
Reverse Current Protect. Yes
Under Voltage Protect Yes
Charge Pump Cap. No
Soft Start Yes
Enable Yes
Fault Indicator Yes
Package/Pins SOIC (N) HYBRID/16
Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 7.5
VIN (V) (max) 37
# Channels 2
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Fault Condition Control Periodic Retry
Positive/Negative Rail Positive
Features Dual Firewire Controller
Package/Pins SOIC (N) HYBRID/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.76

主な特長

  • 7.5V~37Vの電源電圧で安全なホットスワップを提供
  • デュアルチャネルホットスワップ
  • 超高速のターンオフが可能な低ドロップ電源OR-ing
  • アクティブ電流制限
  • 電流制限の検出精度:±5%
  • 電流制限タイムアウト:2ms
  • 出力短絡状態に対する高速の電流制限応答
  • 外付けのnチャネルパワーMOSFETを駆動
  • 独立した過電流障害ステータス出力
  • オートリトライ時間:259ms
  • シャットダウン電流:10µA (チャネル当たり)
  • 独立したON/OFF制御による低電圧ロックアウトのプログラミングが可能
  • ON/OFF入力による高速の負荷切断制御
  • 双方向の負荷切断
  • 1つのポートから別のポートへのパワールーティング

アプリケーション/用途

  • FireWire®デスクトップ/ノートブックポート
  • FireWire®ハブ
  • FireWire®周辺機器電流制限
  • ホットスワップ

説明

MAX5944は、FireWire®アプリケーション用のデュアル電流リミッタ/低ドロップOR-ingスイッチコントローラ電源管理ICです。独立した各チャネルは、2つの外付けパワーMOSFETを制御し、入力電源から負荷への電流レギュレーションを行い、低電圧降下電源のOR-ingを実行します。MAX5944は7.5V~37Vの入力範囲で動作し、FireWireアプリケーションに適したダイオードOR-ing機能に加えて、突入電流および出力電流制限も備えています。

MAX5944では、突入電流制御および出力電流制限機能を備えているため、通電中のFireWireポートに対してFireWireペリフェラルを安全に着脱することができます。MAX5944は、負荷による消費電流を2msのタイムアウトでアクティブに制限する電流制限機能を備えています。さらに、259msのオートリトライ遅延時間が経過すると、オートリトライ機能が自動的に再起動します。

OR-ing機能は、より高い電圧をソースする別のFireWireペリフェラルに接続されているときにFireWireポートを保護する非常に効率的な手段となります。外付けのMOSFETをオフすることによって、MAX5944は実際に双方向の負荷切断を行います。各チャネルは個別にON/OFF制御を備えているため、消費電流はチャネル当たり10µA以下となります。

MAX5944は-40℃~+125℃の拡張温度範囲で動作し、16ピンSOパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX5944:標準動作回路 MAX5944:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。