先頭に戻る

1V~13.2V、検出抵抗器不要のnチャネルホットスワップコントローラ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 1
VIN (V) (max) 13.2
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Circuit Breaker
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) 10 to 500
Fault Condition Control Latched Off
Positive/Negative Rail Positive
Features Requires No RSENSE
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
2.22
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 1
VIN (V) (max) 13.2
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Circuit Breaker
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) 10 to 500
Fault Condition Control Latched Off
Positive/Negative Rail Positive
Features Requires No RSENSE
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
2.22

主な特長

  • VCC > 2.25Vの場合、1V~13.2Vでホットスワップ可能
  • ハイサイドnチャネルMOSFETを駆動
  • RSENSEの有無にかかわらず動作
  • 温度補償RDS(ON)検出
  • ターンオン時の負荷の短絡に対する保護
  • サーキットブレーカのスレッショルド調整可能
  • プログラム可能なスルーレート制御
  • プログラム可能なターンオン電圧
  • オートリトライまたはラッチ付障害管理
  • 10ピンµMAX®または16ピンQSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 基地局
  • ネットワークルータおよびスイッチ
  • ポータブルデバイスベイ
  • RAID
  • リモートアクセスサーバ
  • サーバ

説明

1V~13.2VホットスワップコントローラのMAX5924/MAX5925/MAX5926は、通電中のバックプレーンに対して回路基板の安全な着脱を可能にします。デバイスの電源電圧VCCが2.25V以上で、ホットスワップされる電源電圧VSがVCCを超えなければ、これらのデバイスは1V~13.2Vの電源でホットスワップ可能です。

ホットスワップコントローラMAX5924/MAX5925/MAX5926は、負荷に対する突入電流を制限し、過電流保護用のサーキットブレーカとして機能します。これらのデバイスは、検出抵抗の有無にかかわらず動作します。検出抵抗なしで動作する場合、起動中は負荷検査回路によって短絡が存在しないことが確認され、次に外付けのMOSFETが徐々にオンになります。負荷検査が完了すると、内蔵コンパレータが、外付けMOSFETのオン抵抗での電圧降下を監視することによって過電流保護を提供します。障害状態が発生した場合、負荷は切断されます。

MAX5924/MAX5925/MAX5926には、プログラマブルなターンオン電圧、スルーレート、およびサーキットブレーカスレッショルドといった部品数と設計時間を削減する多くの機能が内蔵されています。内蔵のチャージポンプは、低コストの外付けnチャネルMOSFET用のゲートドライブを可能にします。

MAX5924/MAX5925/MAX5926では、オープンドレインPGOOD出力または/PGOOD出力を使用することができます。MAX5925/MAX5926は、温度補償RDS(ON)検出付きのサーキットブレーカも備えています。MAX5926では、0ppm/℃または3300ppm/℃の温度係数を選択することができます。MAX5924の温度係数は0ppm/℃で、MAX5925の温度係数は3300ppm/℃です。オートリトライおよびラッチ付障害管理設定を使用することができます(フルデータシートの「Selector Guide (選択ガイド)」を参照)。

簡易ブロック図

MAX5924、MAX5925、MAX5926:ファンクションダイアグラム MAX5924、MAX5925、MAX5926:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。