先頭に戻る

MAX5920MAX5921、およびMAX5939の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX5920MAX5921、およびMAX5939の評価キット Nov 06, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAX5920A/Bを評価(LT1640/LT4250とピンコンパチブル)
  • -100Vの入力過渡に対する耐性
  • 入力電圧ステップおよび電流スパイクに対する回路ブレーカ耐性
  • -32Vおよび-80Vに設定された入力低電圧/過電圧スレッショルド
  • 1.8Aの出力電流に設定
  • 独自の電流レギュレーションアーキテクチャを検証
  • プログラマブルな電流制限値
  • プログラマブルな出力低電圧/過電圧監視
  • 他のホットスワップコントローラのMAX5920/MAX5921/MAX5939も評価(ICの交換が必要)
  • 表面実装部品
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 基地局用ラインカード
  • 電話局ラインカード
  • ネットワークルータおよびスイッチ
  • サーバラインカード
  • テレコムラインカード

説明

MAX5921Aの評価キット(EVキット)は、ホットスワップコントローラのMAX5921Aを使用した電流制限およびマルチレベル障害保護を行う完全実装および試験済み表面実装回路ボードです。このEVキットは、MAX5921Aの自動再試行、設定可能な入力低電圧、過電圧、および過電流監視機能を検証します。MAX5921Aは外付けNチャネルMOSFETを制御し、負荷電流レギュレーションを行います

このEVキット回路の低電圧および過電圧スレッショルドはそれぞれ-32Vおよび-80Vに設定されているため、このEVキットは-48Vのテレコムシステムに最適です。入力動作電圧範囲は、-20V~-80Vです(-48Vレイルシステム)。このEVキットは、-100Vの入力過渡に対する耐性を備えるように設計されています。電流制限スレッショルドは、1.8Aの出力電流に設定されています。

また、このEVキットを使って、MAX5921Aを取り外して、ホットスワップコントローラのMAX5920、MAX5921、またはMAX5939の各バージョンを評価することもできます。

MAX5920A/BはホットスワップコントローラのLT4250とピンおよび機能コンパチブルで、LT1640とピンコンパチブルです。

警告:MAX5921AのEVキットは高電圧で動作するように設計されています。このEVキットとこれに接続される機器には危険電圧が存在します。このEVキットに電源投入したり、あるいはこれに接続されるソースに電源供給を行ったりするユーザは、高電圧電気機器の取扱いに適した安全手順に注意して従う必要があります。

重大な障害状態や故障状態の場合は、このEVキットは大量の電力を消費する場合があります。その結果、構成部品または構成部品の破片が高速で機械的に排出されるおそれがあります。人体への傷害のおそれを回避するため、注意してこのEVキットを取り扱ってください。

このEVキットのユーザは、「高電圧ホットスワップの経験」がない場合は、回路をオシロスコーププローブやグランドクリップでプローブしないでください。

技術資料

データシート MAX5920MAX5921、およびMAX5939の評価キット Nov 06, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。