先頭に戻る

+65V、Simple Swapperホットスワップスイッチ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 10
VIN (V) (max) 65
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Fault Condition Control Latched Off
Positive/Negative Rail Positive
Features Integrated MOSFET
Undervoltage/Overvoltage Protection
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
4.41

主な特長

  • +10V~+65V電源に対する安全なホットスワップ
  • IEEE 802.3AF準拠(MAX5917A)
  • 500µF負荷でのスタートアップ(MAX5917A)
  • 280mA電流制限(MAX5910)
  • 567mA電流制限(MAX5917A)
  • 420mA電流制限(MAX5917B)
  • ゼロ電流負荷検出
  • 2.2ΩパワーFET内蔵
  • ステータス出力がフォルト状態を通知
  • 内部スイッチ保護回路
  • サーマルシャットダウン内蔵

アプリケーション/用途

  • インターネット機器
  • IP電話
  • ネットワークハブ、交換機、ルータ
  • ネットワークハブ、交換機、ルータ
  • Power over LAN
  • Power over MDI
  • 遠隔パワー分配

説明

MAX5910/MAX5917は、正電源レイル用の完全集積化ホットスワップスイッチです。これらのデバイスによって、バックプレーン電源レイルにグリッチを発生させることなく、回路基板をバックプレーンまたはポートに対して安全に挿抜することができます。また、これらのデバイスは、各種回路パラメータを監視し、フォルト状態が発生した場合は負荷を遮断して、ロジックレベルのアクティブローIFAULT信号を警報としてホストに出力します。MAX5910/MAX5917は、+10V~+65Vの入力電圧で動作します。これらのデバイスは、IP電話など、インターネット機器のホットプラグができるように設計されていますが、アプリケーションはこれに限定されません。

スタートアップ中に、内蔵パワーFETによって、パックプレーン電源から負荷までの電流が制限されます(MAX5910では280mA、MAX5917Aでは567mA、MAX5917Bでは420mA)。スタートアップ後、FETのオン抵抗が減少します。安定な動作を確保するために、MAX5910/MAX5917は内蔵FETの損傷を防止する保護機能を備えています。これらのデバイスは、正のロジック入力信号(+3.3Vまたは+5V)に応答するイネーブル入力を備えているため、ホストシステムは負荷を遮断することが可能です。

MAX5910/MAX5917 Simple Swapper™ホットスワップICは、低電圧ロックアウト(UVLO)、パワーノットグッド、ゼロ電流検出、およびサーマルシャットダウンのフォルト状態に関する4つのパラメータを監視します。これらのデバイスは、-40℃~+85℃の工業用拡張温度範囲での動作が保証されています。MA5910は8ピンSOパッケージで提供され、MAX5917A/Bは16ピンSOパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX5910、MAX5917:標準動作回路 MAX5910、MAX5917:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。