先頭に戻る

-100V、SOT23/TDFN、Simple Swapperホットスワップコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • -9V~-100Vの広範囲な動作
  • 外付け検出抵抗器不要
  • 外付けNチャネルMOSFTを駆動
  • 突入電流の制限
  • サーキットブレーカ機能
  • 自己消費電流:1mA以下
  • ON/アクティブローOFF入力による負荷電源制御とシーケンスの許容
  • 可変低電圧ロックアウト
  • 100V定格のパワーグッド出力
  • ラッチングまたは自動再試行フォルト管理
  • サーマルシャットダウンにより外付けMOSFETの保護を支援
  • 省スペース6ピンSOT23およびTDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 基地局用ラインカード
  • ネットワークハブ、交換機、ルータ
  • サーバ
  • テレコムラインカード

説明

MAX5900/MAX5901は、電源レイルにグリッチを発生させることなく通電状態バックプレーンに回路基板を安全にホットプラグできるようにするSOT23/TDFNホットスワップコントローラです。これらのデバイスは、-9V~-100Vで動作し、外部nチャネルMOSFET以外の外付け部品すべてを排除することによって最も簡単なホットスワップソリューションを提供します。

MAX5900/MAX5901は、負荷への突入電流を制限し、過電流保護用のサーキットブレーカ機能を提供します。スタートアップ中はサーキットブレーカ機能がディセーブルされ、MAX5900/MAX5901が外付けMOSFETを徐々にターンオンすることによって突入電流を制限します。外付けMOSFETが完全にターンオンするとサーキットブレーカ機能がイネーブルされ、MAX5900/MAX5901が外付けMOSFETのオン抵抗両端の電圧降下を監視することによって過電流保護を提供します。

MAX5900/MAX5901は、低電圧ロックアウト(UVLO)機能、ON/アクティブローOFF制御入力、およびパワーグッドステータス出力のアクティブローPGOOD (MAX5900)またはPGOOD (MAX5901)を備えています。外付けMOSFETの過熱の際にこれを保護するサーマルシャットダウン機能も内蔵されています。

MAX5900/MAX5901は、ラッチまたは自動再試行フォルト管理を提供しており、200mV、300mV、および400mVのサーキットブレーカスレッショルドとともに使用することができます。MAX5900とMAX5901はいずれも、小型SOT23およびTDFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。型番の詳細については、データシート末尾の「選択ガイド」を参照してください。

簡易ブロック図

MAX5900、MAX5901:標準動作回路 MAX5900、MAX5901:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。