先頭に戻る

電流レギュレートホットスワップコントローラ、DualSpeed/BiLevelフォルト保護付

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 13.2
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) 50
Fault Condition Control Latched Off
Positive/Negative Rail Positive
Features DualSpeed/BiLevel Current Limit
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.62
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 13.2
# Channels 1
Circuit Breaker/ Current Limit Current Limit
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) 50
Fault Condition Control Latched Off
Positive/Negative Rail Positive
Features DualSpeed/BiLevel Current Limit
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.62

主な特長

  • 通常動作中のDualSpeed/BiLevel保護
  • スタートアップ時にインラッシュ電流を制御
  • バックプレーンまたは着脱可能な基板に装備可能
  • スタートアップ期間および応答時間は設定可能
  • 通電中のバックプレーンへの基板の着脱が安全
  • +3V~+12V単一電源用の保護
  • 障害条件の後でオフ状態にラッチ
  • ステータス出力ピン
  • 内部チャージポンプが外部NチャネルMOSFETのゲートドライブを生成

アプリケーション/用途

  • 活線基板挿入
  • ソリッドステートブレーカ

説明

MAX4370は、マキシムのDualSpeed/BiLevel™検出を使用したホットスワップアプリケーションの保護用サーキットブレーカICです。本コントローラはバックプレーンまたは着脱可能カードに装備するように設計されており、メインシステム電源がオンの時にカードまたは基板をラックに挿入したときに起こるスタートアップ損傷からシステムを保護するために使用します。カードの放電されたフィルタコンデンサは低インピーダンスであるため、メイン電源が一時的に落ち込むことがあります。MAX4370は、設定可能なスタートアップ期間中にインラッシュ電流を制御することによってこのスタートアップ状態を防ぎ、システムが安全に安定化することを可能にします。さらに、2つの内蔵コンパレータによって、通常動作中の過電流保護およびDualSpeed/BiLevel短絡保護を提供します。

MAX4370は、+3V~+12Vの単一電源に対する保護を提供します。内部チャージポンプが外部NチャネルMOSFETパワースイッチ用に制御されたゲートドライブを生成します。MAX4370は障害条件が発生するとスイッチをオフにラッチし、この状態は外部リセット信号によりデバイスがクリアされるまで続きます。その他の特長としては、障害条件を表示するステータスピン、可変過電流応答時間およびパワーオンリセットコンパレータ等が挙げられます。

MAX4370は工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で規定されており、8ピンSOパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX4370:標準動作回路 MAX4370:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。