先頭に戻る

デュアルOR接続、シングルホットスワップコントローラ、高精度電流監視内蔵

基板削減、電流検出精度0.6%、OR接続およびホットスワップSOA制御用シングルチップ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 3.7
VIN (V) (max) 18
Circuit Breaker/ Current Limit Circuit Breaker
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) Adjustable
Fault Condition Control Periodic Retry
Features Adjustable Current Limit Fault Delay
Analog Current Report Output
Programmable Soft start
Programmable UVLO/Inrush Current Regulated at Startup with SOA Control
VariableSpeed/BiLevel Current Limit
Package/Pins TQFN-CU/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.87
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Hot Swap Controllers
VIN (V) (min) 3.7
VIN (V) (max) 18
Circuit Breaker/ Current Limit Circuit Breaker
Circuit Breaker/Current Limit Threshold (mV) Adjustable
Fault Condition Control Periodic Retry
Features Adjustable Current Limit Fault Delay
Analog Current Report Output
Programmable Soft start
Programmable UVLO/Inrush Current Regulated at Startup with SOA Control
VariableSpeed/BiLevel Current Limit
Package/Pins TQFN-CU/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.87

主な特長

  • 動作電圧範囲:2.9V~18V (OR接続およびホットスワップ)
  • 冗長電源のシームレスな電源遷移
  • nチャネルMOSFETを制御
  • 逆ターンオフ時間:0.5µs以下
  • 高精度電流監視
  • 調整可能なスルーレート制御
  • 調整可能な電流制限障害遅延
  • 調整可能なサーキットブレーカ電流スレッショルド
  • 起動時の突入電流を安定化
  • 調整可能な低電圧ロックアウト
  • 小型TQFNパッケージ(4mm x 5mm)

アプリケーション/用途

  • ベースバンドステーション
  • コンピュータシステムおよびサーバ
  • 冗長電源
  • ストレージブリッジベイ
  • 電源停止
  • テレコムネットワーク

説明

MAX15068は、通電中のバックプレーンから回路ラインカードを安全に着脱する必要がある2入力電源レールアプリケーション用のOR接続機能およびホットスワップ機能を提供します。このデバイスは、単一のパッケージにデュアルOR接続MOSFETコントローラ、シングルホットスワップコントローラ、電子サーキットブレーカ保護、および電源監視を集積しています。このデバイスは、2.9V~18Vの電源電圧で動作します。

このデバイスは、OR接続MOSFETでの順電圧降下を安定化し、発振することなく1つの電源から他方へのスムーズな電流転送を保証します。OR接続MOSFETは、瞬時にターンオンして、電源切替え時の負荷電圧降下を低減します。入力電源に障害または短絡が発生すると、高速ターンオフによって逆電流過渡が最小限に抑えられます。

このデバイスは、突入電流を制御するためにホットスワップ起動時のフォールドバック電流制限を実装し、それによってホットスワップMOSFETを安全動作領域(SOA)下に維持します。ホットスワップ起動サイクルの完了後、内蔵コンパレータが短絡および過電流フォルトからのアクティブ電流制限保護を提供します。障害状態が発生すると、負荷は入力から瞬時に切断されます。

このデバイスは、電流検出アンプ出力を提供します。システムに供給される電流に比例する電圧を、IPMON端子で直接読み取ることができます。

このデバイスは、出荷時較正されており、精度±5%の高精度な過電流保護を達成します。過電流障害時、このデバイスは自動再試行モードに入ります。このデバイスは、起動時の調整可能なスルーレート制御を備えています。その他の機能には、パワーグッドおよび障害インジケータ出力があります。

MAX15068は、20ピンTQFNパッケージ(4mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の動作温度範囲が保証されています。

簡易ブロック図

MAX15068:ファンクションダイアグラム MAX15068:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。