ホットスワップ IC

ホットスワップ内蔵回路は、ラインカードの活線抜挿時の突入電流を管理することでシステム障害を回避します。また、これらのICは高可用性システムの通常動作時の電流を制限します。マキシムのソリューションはネットワーキング、サーバ、ストレージ、およびテレコムシステムに最適です。

積極的なメンテナンスと診断を可能とするために、いくつかのホットスワップ製品はI²Cインタフェースを介して電流、電圧、および障害を監視する機能を内蔵しており、システムの信頼性を向上させます。その他のソリューションにはパワーMOSFETと電流センスが内蔵されており、設計を簡素化し全体の部品コストを削減します。

ホットスワップIC 


MAX15095, MAX15095A, MAX15095D
2.7V to 18V, 6.6A Integrated Hot-Swap/Electronic Circuit Breaker

  • Integration Reduces Solution Size for Blade Servers and Other Space-Constrained Designs
  • Flexibility Enables Use in Many Unique Designs
  • Safety Features Ensure Accurate, Robust Protection

MAX15095A
2.7V to 18V, 6.6A Integrated Hot-Swap/Electronic Circuit Breaker

  • Integration Reduces Solution Size for Blade Servers and Other Space-Constrained Designs
  • Flexibility Enables Use in Many Unique Designs
  • Safety Features Ensure Accurate, Robust Protection

MAX15095D
2.7V to 18V, 6.6A Integrated Hot-Swap/Electronic Circuit Breaker

  • Integration Reduces Solution Size for Blade Servers and Other Space-Constrained Designs
  • Flexibility Enables Use in Many Unique Designs
  • Safety Features Ensure Accurate, Robust Protection