保護と制御

電源保護および制御ICは、負荷への入力電圧を監視して規定範囲内にあることを確保するために使用されます。範囲外のレベルが検出されると、保護および制御ICは電圧または電流を調整するか、または電源をオフにして負荷を損傷から保護します。逆電圧保護は、入力電圧が誤って反転された場合または出力電圧がより高い電圧レールに短絡された場合にシステムの損傷を防ぎます。

電源保護および制御ICは、USB電源スイッチなどによる負荷スイッチングから、完全に設定可能な過電流、過電圧、および低電圧監視機能まで、広範な機能を提供します。冗長電源システムや活線基板挿入アプリケーションの突入電流を管理するための専用の保護および制御回路もあります。


電源保護の基礎
27:22 April 22, 2019

注目製品