先頭に戻る

ICERA E400プラットフォーム用、パワーマネージメントIC

新しいICERAプラットフォーム(E400/E450)をベースとしたLTE/WCDMA/GSM/GPRS/EDGEデータカード用、完全パワーマネージメントを提供

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 4つの高効率バックコンバータ
    • DVS機能(0.6V~1.2V、25mVステップ)およびスルーレート制御内蔵CORE:0.9V/1.2A (MAX8982Pは1.3)
    • システムIO:1.8V/600mA
    • 全LDO入力(2.9V~3.65V、50mVステップ):3.2V/600mA (MAX8982A/MAX8982Pのみ)
    • GSM/WCDMA PA (3.0V~3.75V、50mVステップ):3.4V/1.8A (MAX8982A/MAX8982Pのみ)
  • 9つのLDOリニアレギュレータ
    • LDO1 (RFトランシーバ用):2.7V/300mA
    • LDO2 (RFトランシーバ用):1.8V/150mA
    • LDO3 (アナログBB用):2.8V/150mA
    • LDO4 (高効率を保証する個別入力を備えたBB PLL用):0.9V/50mA
    • LDO5 (SDカード用):3.0V/150mA
    • LDO6 (TCXO用):2.7V/150mA
    • LDO7 (SIM用):1.8Vまたは3.0V/150mA
    • LDO8 (個別入力を備えたUSB用):3.0V/150mA (MAX8982A/MAX8982Pのみ)
    • LDO9 (高効率を実現する個別入力を備えたBB用):0.9V/50mA
  • BUCK1 (DVS用):32のプログラマブル電圧オプションと外部入力(0.9Vデフォルト)
  • BUCK3:16のプログラム可能な電圧オプション(MAX8982A/MAX8982Pのみ)
  • BUCK4:16のプログラム可能な電圧オプション(MAX8982A/MAX8982Pのみ)
  • 全LDO用のプログラム可能な電圧オプション(MAX8982A/MAX8982PのLDO8のみ)
  • BUCK2、BUCK3 (MAX8982A/MAX8982Pのみ)、LDO3、および内部32kHzクロック:初期起動時デフォルトオン
  • 全バックコンバータとLDO:起動後にI²Cまたは電力要求制御(PWR_REQ)によってイネーブル
  • フラッシュタイマー内蔵の最大24mAの8つの調光電流オプションを備えた3つの電流レギュレータ

アプリケーション/用途

  • 新しいICERAプラットフォーム(E400)のGSM、GPRS、EDGE、WCDMA、およびLTEデータカード

説明

MAX8982A/MAX8982P/MAX8982Xは、新しいICERAプラットフォーム(E400)をベースとする最新のLTE/WCDMA/GSM/GPRS/EDGEデータカードの完全パワーマネージメントICです。MAX8982Aは、4.1V~5.5Vの電源で動作し、4つの高効率のステップダウンコンバータ、全RFおよびベースバンド回路の給電用の9つの低ドロップアウトリニアレギュレータ(LDO)、最大24mAのプログラマブル電流と内蔵フラッシュタイマーを備えた3つの電流レギュレータ、および個別レギュレータ出力電圧のプログラム用のI²Cシリアルインタフェースを備えており、フレキシビリティを保証するオン/オフ制御も備えています。リニアレギュレータは、60dB以上のPSRR、45µV以下の出力ノイズ、およびLDO間の最小クロスカップリングノイズを提供します。

MAX8982X/MAX8982Pは、2.9V~5.5Vの単一電源で動作します。MAX8982Xは、MAX8982Aと同じ機能を備えていますが、BUCK3、BUCK4、およびLDO8は備えていません。MAX8982PはMAX8982Aと同じ機能を備えています。

すべてのバックコンバータおよびLDOは、起動後I²CまたはPWR_REQ制御信号のいずれかによってイネーブル/ディセーブルされます。この機能によって、さらに高いシステム設計のフレキシビリティが提供されます。

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。