先頭に戻る

5/3チャネル出力TFT LCD電源、フォルト保護およびVCOMバッファ付

フォルト保護およびVCOMバッファ付き、5/3出力TFT LCD電源

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電源範囲:2.7V~5.5V
  • ソースドライバIC用可変(最大+13V)出力電圧
  • 高効率パワーMOSFET内蔵
  • TFTゲートオンおよびゲートオフ電源用リニアレギュレータコントローラ
  • 大電流VCOMバッファ(MAX1997のみ)
  • 2個の追加リニアレギュレータコントローラ(MAX1997のみ)
  • プログラマブルパワーアップシーケンス
  • サーマルシャットダウンによる複数過負荷保護
  • シャットダウン電流:1µA
  • 32/20ピンTQFNパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • カーナビゲーションディスプレイ
    • LCDモニタ
    • ノートブックコンピュータのディスプレイ

    説明

    MAX1997/MAX1998は、アクティブマトリックス、薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(TFT LCD)に必要な電圧を供給します。両デバイスは、2個のリニアレギュレータコントローラ、入力保護スイッチ制御、およびフレキシブルシーケンスプログラミングと、高性能ステップアップレギュレータとを統合しています。MAX1997は、2個の追加リニアレギュレータコントローラとVCOMバッファを装備しています。MAX1997/MAX1998は2.7V~5.5Vの入力電源で動作し、複数レベルの保護回路を備えたディスプレイ用の完全電源システムです。

    メインDC-DCコンバータは、ディスプレイのソースドライバIC用の安定化電源電圧を供給します。コンバータは高周波(最大1.5MHz)ステップアップレギュレータであり、85%以上の効率を達成しながら超小型インダクタとセラミックコンデンサを使用可能にする14V NチャネルMOSFETを内蔵しています。その電流モード制御アーキテクチャにより、パルス負荷に対して高速過渡応答を行います。また、ソフトスタートとサイクルバイサイクル電流制限を内蔵しているため、入力サージ電流が除去されます。

    さらに、正/負リニアレギュレータコントローラが、TFTゲートオン/ゲートオフ電源用にチャージポンプ出力に対してポストレギュレーションを行います。適切な外付け部品を選択して、3つの出力を任意の順序で順序付けすることができます。また、ステップアップレギュレータだけでなく、両リニアレギュレータコントローラも、電源シーケンス制御入力を備えています。

    MAX1997は、大電流バックプレーンドライバ(VCOM)を装備しています。このバッファは300mA (typ)以上のピーク電流を供給しますが、0.47µFの出力フィルタコンデンサ以外必要ありません。MAX1997の2個の追加リニアレギュレータコントローラを使って、ガンマリファレンス電圧とロジック電源を生成することができます。

    また、MAX1997/MAX1998には、通常の入力電源ヒューズと置換できる独自の入力スイッチ制御が搭載されています。障害が検出されると、レギュレータは入力電源から切り離されます。障害検出器は、すべての安定化出力電圧と入力電源からの電流を監視します。また、内蔵温度過昇スレッショルドに達すると、MAX1997/MAX1998はシャットダウンモードに移行します。

    MAX1997は32ピンTQFNパッケージで、MAX1998は20ピンTQFNパッケージで提供されます。両パッケージの最大厚は0.8mm (max)で、超薄型LCDパネルに最適です。

    簡易ブロック図

    MAX1997:ピン配置 MAX1997:ピン配置 Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。