先頭に戻る

ペルチェモジュール用、高集積温度コントローラ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 1
# Inverting Outputs 1
VOUT (V) (min) -4.3
VOUT (V) (max) 4.3
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
17.13
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 1
# Inverting Outputs 1
VOUT (V) (min) -4.3
VOUT (V) (max) 4.3
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
17.13

主な特長

  • 超小型、安全、高精度完全シングルチップコントローラ
  • パワーMOSFET内蔵、外付けFET不要
  • 回路実装面積:0.93in²以下
  • 回路高:3mm以下
  • 温度安定度:±0.001℃
  • 高精度積分器およびチョッパ安定化オペアンプ内蔵
  • 独立した高精度加熱/冷却電流制限値
  • TEC電流の直接制御によりサージを排除
  • 可変微分TEC電圧制限値
  • 低リップル/ノイズ設計
  • TEC電流の監視
  • 温度の監視
  • 温度過昇/低温度アラーム
  • バイポーラ出力電流:±3A (MAX1978)
  • ユニポーラ出力電流:+6A (MAX1979)

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • EDFA光アンプ
  • 光ファイバネットワーク機器
  • 光ファイバレーザモジュール
  • テレコムファイバインタフェース
  • WDM、DWDMレーザダイオード温度制御

説明

MAX1978/MAX1979は、ペルチェ熱電クーラ(TEC)モジュール用超小型、安全、高精度完全シングルチップ温度コントローラです。内蔵パワーFETとサーマル制御ループ回路により、外付け部品を最低限に抑え、高効率を維持します。また、500kHz/1MHzの選択可能なスイッチング周波数と独自のリップル除去方式によって、部品のサイズと効率が最適化され、ノイズが減少します。内蔵MOSFETのスイッチング速度は、ノイズとEMIが低下するように最適化されます。超低ドリフトのチョッパアンプは、±0.001℃の温度安定度を維持します。また、電圧ではなく、出力電流を直接制御し、電流サージを除去します。さらに、独立した加熱/冷却の電流/電圧制限値により、最高水準のTEC保護を行います。

MAX1978は単一電源で動作し、2個の同期バックレギュレータの出力間でTECにバイアスをかけて、バイポーラ±3A出力を供給します。真のバイポーラ動作により、低負荷電流で「デッドゾーン」やその他の非直線性なしに温度を制御します。わずかな加熱や冷却が必要な自然動作ポイントに設定ポイントが接近しても、制御システムはハンチングを起こしません。また、アナログ制御信号は、TECの電流を高精度で設定します。MAX1979は、最大6Aのユニポーラ出力を供給します。

チョッパ安定化計測アンプおよび高精度積分器アンプが内蔵され、比例積分(PI)、または比例積分微分(PID)コントローラを構成します。計測アンプは、外付けNTC/PTCサーミスタ、熱電対、または半導体温度センサとインタフェースすることができます。TECの温度および電流を監視するためにアナログ出力が提供されます。また、独立した温度過昇/低温度出力により、TECの温度が範囲外にあることを示されます。さらに内蔵電圧リファレンスがサーミスタブリッジにバイアスをかけます。

MAX1978/MAX1979は48ピンTQFN-EPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。放熱金属パッド付熱強化QFN-EPパッケージにより、動作ジャンクション温度が低く抑えられます。設計時間短縮のために、評価キットも提供されます。

簡易ブロック図

MAX1978、MAX1979:標準動作回路 MAX1978、MAX1979:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。