先頭に戻る

車載用TFT LCD電源、ブースト、バック、およびCukコンバータ、VCOMバッファ、ゲートドライバ、およびSPIインタフェース内蔵

全機能内蔵、車載用TFT LCDバイアス電源

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 動作電圧範囲:4.5V~16V (IN3)または3V~5.5V (INA)
  • 16V入力、2AバックコンバータはTFTバイアス電源回路および/またはその他の外部回路に3.3V出力を供給
  • 柔軟な構成により1つの高出力の正の出力(18V/200mA)または正の出力(18V/100mA)と負の出力(-12V/100mA)が可能
  • 1つの正のゲート電圧レギュレータ
  • 1つの負のゲート電圧コントローラ
  • 0V~1Vのオフセットを備えたDAC制御のVCOMバッファ
  • 高周波数動作
    • 2.1MHz (バックコンバータ)
    • 1.2MHz (ブーストおよびCukコンバータ)
  • コンバータの位相差動作による低EMI
  • 外部制御によるブーストおよびCukのスペクトラム拡散スイッチング
  • スタンドアローンとSPI制御の両方のモードでの非常に柔軟なシーケンシング
  • True Shutdownブーストコンバータ
  • 低電流シャットダウンモード(10µA以下)
  • SPI制御インタフェース
  • ソフトスタート内蔵
  • 過熱シャットダウン
  • 動作温度範囲:-40℃~+105℃
  • AEC-Q100認定

アプリケーション/用途

  • 車載セントラルインフォメーションディスプレイ
  • 車載ダッシュボード
  • 車載用ナビゲーションシステム

説明

MAX16927は、車載TFT LCDアプリケーション用の高集積電源です。このデバイスは、1つのバックコンバータ、1つのブーストコンバータ、1つのCukコンバータ、2つのゲート電圧コントローラ、および2つのVCOMバッファ(1つは負の出力電圧をサポート)を内蔵しています。このデバイスは4.5V~16Vの電源電圧で動作するように設計されているため、車載TFT LCDアプリケーションに最適です。また、利用可能な3V~5.5Vの電源による動作も可能です。

このデバイスは、内蔵のSPIインタフェースを使用して制御と診断を行います。SPIインタフェースは、内蔵の7ビットDACを介してVCOMバッファの出力を最大+1Vに調整します。SPIを介して、または3つのプリセットスタンドアローンモードの1つを使用して、スタートアップおよびシャットダウンシーケンス制御することができます。

このデバイスは低EMIのために最適化されています。スペクトラム拡散機能を使用してピーク妨害が低減されます。バックコンバータはスペクトラム拡散が常にイネーブルされますが、ブーストおよびCukコンバータについては外部入力(SSEN)を介してイネーブルします。ブーストおよびCukコンバータを180°位相差で動作させることによって、追加のEMIがさらに強化されます。

このデバイスはnMOSスイッチ用の制御出力を内蔵しているため、負のVSL出力の柔軟なシーケンシングが可能です。ブーストコンバータの直列pMOSスイッチ用の駆動出力も内蔵しており、True Shutdownが可能です。

このデバイスはエクスポーズドパッドを備えた48リードのTQFNパッケージで提供され、-40℃~+105℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX16927:標準動作回路 MAX16927:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。