先頭に戻る

4つの出力を備えた低IQ SIMO PMIC、最大700mAの総出力電流を供給

20%小型で15%少ない部品数

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 4
# Step-Up Outputs 4
VOUT (V) (min) 0.5
VOUT (V) (max) 5.5
Package/Pins WLP/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.59
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 4
# Step-Up Outputs 4
VOUT (V) (min) 0.5
VOUT (V) (max) 5.5
Package/Pins WLP/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.59

主な特長

  • 高集積
    • 4出力、単一インダクタマルチ出力(SIMO)バックブーストレギュレータ
      • 出力電圧範囲:0.5V~4.0V (全SIMOチャネル)
      • IQ:6.9µA (typ、低電力モードで2つの出力をイネーブル時)
      • 出力電流:700mA以上 (3.7VINおよび1.8VOUT時)
      • 効率:最大90% (3.7VINおよび1.8VOUT時)
  • 柔軟性および設定自由度
    • I2C対応インタフェース
    • 出荷時OTPオプションが利用可能
  • 小型サイズ
    • 3.95mm2のウェハレベルパッケージ(WLP)
    • 16ピン、0.5mmピッチ、4 × 4アレイ

アプリケーション/用途

  • TWS Bluetoothヘッドホン/ヒアラブル
  • フィットネス、ヘルス、アクティビティモニタ、およびスマートウォッチ
  • ポータブル機器
  • センサーノードおよび民生用モノのインターネット(IoT)

説明

MAX77655は、サイズと効率が重要な低電力アプリケーション用の高集積電源ソリューションを提供します。また、このデバイスは単一インダクタ、マルチ出力(SIMO)バックブーストレギュレータを備え、1つのインダクタから4つの個別に設定可能な電源レールを提供することで総ソリューションサイズを最小限に抑えます。このPMICは、総計700mAの出力電流(3.7VIN、1.8VOUT)を供給することができます。

双方向I2Cインタフェースによって、デバイスの状態を設定および確認することができます。内蔵のオン/オフコントローラは、レギュレータの制御された起動シーケンスを提供し、デバイスがオン時には監視回路機能を提供します。多数の出荷時設定可能オプションによって、デバイスを多数のアプリケーション用に調整することが可能で、市場投入までの時間を短縮することができます。

簡易ブロック図

MAX77655:簡易ブロックダイアグラム MAX77655:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。