先頭に戻る

超低電力PMIC、3出力SIMOおよび電力経路チャージャ内蔵、小型リチウムイオン用

高集積バッテリ充電および電源ソリューション、低電力、サイズに制約のあるアプリケーション用

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 3
# Step-Up Outputs 3
# LDO Outputs 1
Battery Charger Features Battery Charger
Charge Timer
Input Current Limit
Smart Pwr. Selector
Thermal Die Regulation
Thermistor Input
USB Input
VOUT (V) (min) 0.8
VOUT (V) (max) 3.95
Package/Pins WLP/30
Budgetary
Price (See Notes)
2.22
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 3
# Step-Up Outputs 3
# LDO Outputs 1
Battery Charger Features Battery Charger
Charge Timer
Input Current Limit
Smart Pwr. Selector
Thermal Die Regulation
Thermistor Input
USB Input
VOUT (V) (min) 0.8
VOUT (V) (max) 3.95
Package/Pins WLP/30
Budgetary
Price (See Notes)
2.22

主な特長

  • 高集積
    • Smart Power Selectorリチウムイオン/リチウムポリマーチャージャ
    • 3出力、SIMO (Single-Inductor Multiple-Output)バックブーストレギュレータ
    • 150mA LDO
    • 3チャネル電流シンクドライバ
    • 電力監視用のアナログマルチプレクサ出力
  • 低電力
    • シャットダウン電流:0.3µA
    • 動作電流:5.6µA (3つのSIMOチャネル + LDO)
  • 小型バッテリサイズ用に最適化されたチャージャ
    • 設定可能な急速充電電流:7.5mA~300mA
    • 設定可能なバッテリ安定化電圧:3.6V~4.6V
    • 設定可能な完了電流:0.375mA~45mA
    • JEITAバッテリ温度モニタによって充電電流およびバッテリ安定化電圧を調整し、安全な充電を実現
  • 柔軟性および設定自由度
    • I2C対応インタフェースおよびGPIO
    • 出荷時OTPオプションが利用可能
  • 小型サイズ
    • WLPパッケージ(2.75mm × 2.15mm × 0.7mm)
    • 30ピン、0.4mmピッチWLP、6 x 5アレイ
    • 小型総ソリューションサイズ(19.2mm2)

アプリケーション/用途

  • Bluetoothヘッドフォン/ヒアラブル
  • フィットネス、ヘルス、およびアクティビティモニタ
  • モノのインターネット(IoT)
  • ポータブル機器

説明

MAX77650/MAX77651は、サイズと効率が重要な低電力ウェアラブルアプリケーション用の高集積バッテリ充電および電源ソリューションを提供します。どちらのデバイスもSIMOバックブーストレギュレータを備え、1つのインダクタから3つの個別に設定可能な電源レールを提供することで総ソリューションサイズを最小限に抑えます。150mAのLDOは、オーディオおよびその他のノイズに敏感なアプリケーション用にリップル除去を提供します。非常に設定自由度の高いリニアチャージャは、広範なリチウムイオンバッテリ容量に対応し、さらなる安全性(JEITA)用にバッテリ温度監視を内蔵しています。

これらのデバイスは、LEDインジケータ駆動用の電流シンクや、複数の内部電圧および電流信号を切り替えて外部端子に出力し外部ADCでの監視を可能にするアナログマルチプレクサなど、その他の機能も内蔵しています。双方向I2Cインタフェースによって、デバイスの状態を設定および確認することができます。内蔵のオン/オフコントローラは、レギュレータの制御された起動シーケンスを提供し、デバイスがオン時には監視回路機能を提供します。多数の出荷時設定可能オプションによって、デバイスを多数のアプリケーション用に調整することが可能で、市場投入までの時間を短縮することができます。

デザインソリューション:Can You Hear Me Now? Extend the Life of Your Hearable Device ›

デザインソリューション:SIMOでヒアラブルの寿命を延長する ›



半分以下のサイズのPMICでバッテリ寿命と効率を向上(日本語字幕)

簡易ブロック図

MAX77650、MAX77651:簡易ブロックダイアグラム MAX77650、MAX77651:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。