先頭に戻る

マルチソース、高出力、高性能受電機器コントローラ

柔軟な、高出力PDデバイス、最大200Wを供給

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Powered Devices
Compliance IEEE 802.3af
IEEE 802.3at
PWM No
UVLO Threshold (V) 38.6
Package/Pins TQFN/24
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
1.61
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Powered Devices
Compliance IEEE 802.3af
IEEE 802.3at
PWM No
UVLO Threshold (V) 38.6
Package/Pins TQFN/24
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
1.61

主な特長

  • IEEE 802.3af/at準拠
  • UPoE対応
  • 高出力2x2P/マルチPD同期/マルチPD冗長化
  • アクティブFETブリッジ制御およびバック給電保護内蔵
  • 選択可能なUVLOによって医療/産業アプリケーションに対応
  • 2レベルの突入電流制御
  • インテリジェントMPS
  • 簡素化されたACアダプタインタフェースによってシームレスな電源遷移を実現
  • 超低電力/スリープモード
  • 2イベント分類または外部ACアダプタインジケータ出力
  • PoEクラス:0~5
  • 外付け絶縁MOSFET用ゲートドライバ
  • 選択可能な電流制限とフォールドバック
  • RJ45 12V電源入力
  • スリープモード遅延:6.5秒

アプリケーション/用途

  • フェムトセル、ピコセル、マイクロセル
  • Fiber-to-the-Home/Building (FTTH/FTTB)
  • 高出力2x2P PD
  • IEEE 802.3af/at受電機器(PD)
  • IP電話
  • IPセキュリティカメラ(IPC)
  • マルチPD冗長構成
  • Universal Power-over-Ethernet (UPoE)
  • WiMAX®基地局
  • 無線アクセスノード

説明

マルチソース、高出力、高性能受電機器(PD)コントローラのMAX5992A/MAX5992Bは、Power over Ethernet (PoE)システムでPDがIEEE® 802.3af/at規格に準拠するための完全なインタフェース制御を提供します。これらのデバイスは、検出シグネチャ、分類シグネチャ、および電流制限制御を備えた絶縁MOSFETドライバをPDに提供します。さらに、インテリジェント電力維持シグネチャ(MPS)およびアクティブFETブリッジ制御によってPDの電力効率を高めます。これらのデバイスは、高出力マルチ2P PDアプリケーション用のアクティブローSIG_OK出力信号を備えています。選択可能な突入電流モードによって、冗長アプリケーションでのマルチPD、Fiber-to-the-Home/ Fiber-to-the-Building (FTTH/FTTB)動作が可能です。これらのデバイスは入力UVLO、広いヒステリシス、および長いデグリッチ時間を備え、ツイストペアケーブルの抵抗性降下を補償して電源オン/電源オフ状態時にグリッチフリー遷移を保証します。これらのデバイスは選択可能なUVLOによって20.8Vの低電圧電源で動作可能です。これらのデバイスは入力で最大100Vに耐えることができます。

これらのデバイスはIEEE 802.3at規格で規定された2イベント分類方式に対応し、タイプ2給電機器(PSE)によってプローブされたことを示す信号を提供します。これらのデバイスは、ACアダプタ電源が接続されていることを検出して、PoE電源からACアダプタへのスムーズな切り替えを可能にします。さらに、選択可能なWAD_SELは、PoEがすでにイネーブルされている場合にACアダプタからPoEへのシームレスな電力遷移に対応します。

これらのデバイスは、パワーグッド(PG)信号、2レベルの電流制限、フォールドバック、および過熱保護も提供します。スリープモード機能は、MPSに対応しながら低消費電力を提供します。超低電力スリープモード機能は、同様にMPSに対応しながら消費電力をさらに低減し、超低電力の要件を満たします。また、これらのデバイスはスリープ/超低電力スリープ/MPSモード時に自動的にアクティブ化されるLEDドライバも備えています。MAX5992Aは38.6VのPoE UVLOを備え、MAX5992Bは35.4VのPoE UVLOを備え、6.5秒のスリープモード遅延を特長とします。

MAX5992A/MAX5992Bは24ピンTQFNパワーパッケージ(4mm × 4mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX5992A、MAX5992B:簡易ブロックダイアグラム MAX5992A、MAX5992B:>簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。