先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX25520の評価キット Apr 07, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 2.65V to 5.5V Input Range (4.5V to 5.5V for MAX25520ATEC)
  • Default Output Voltages in Tracking Mode
    • 6.8V Output at 200mA (Boost Converter)
    • -6.8V Output at -200mA (Inverting Regulator)
  • Optional Adjustable Output Voltages
    • Synchronous Boost Provides Positive Output at Up to 10.5V/200mA (+12V/200mA for MAX25520ATEC)
    • Inverter Output Provides Up to -10.5V/-200mA (-12V/-200mA for MAX25520ATEC)
  • Components Fit the 2.1MHz Frequency (To use 420kHz frequency, hardware changes are required)
  • Spread-Spectrum
  • UV Diagnostics on All Outputs and Fault Detection
  • Complete Sequencing Flexibility
  • -40°C to +125°C Operating Temperature Range

アプリケーション/用途

  • 中央情報ディスプレイ
  • インフォテインメントディスプレイ
  • 計器クラスタ

説明

The MAX25520 evaluation kit (EV kit) is a fully assembled and tested surface-mount PCB used to evaluate the MAX25520 automotive 2-Channel TFT-LCD Power Supply. The output rails, AVDD and NAVDD, can be programmed independently or programmed to track each other by using a specific configuration. Independent enable pins allow complete flexibility in powering up and down the outputs. The outputs are protected against overcurrent and undervoltage.

The device incorporates a fully integrated current-mode boost converter and a current-mode inverter with external rectifier. The EV kit operates at one of two switching frequencies, 420kHz or 2.1MHz. Operation at 2.1MHz makes possible very compact dual-output power supplies.

The EV kit demonstrates the device’s features of adjustable output voltage and fault protection.

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX25520の評価キット Apr 07, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。