先頭に戻る

PMIC、超低IQレギュレータ、チャージャ、残量ゲージ、およびハプティックドライバ内蔵、小型リチウムイオンシステム用

業界最高集積のPMIC、ウェアラブルやIoTなどの1日24時間/週7日の監視システム用

製品の詳細

MAX20360は、超低電力ウェアラブルアプリケーション用に設計された高集積かつ設定可能なパワーマネージメントソリューションです。このデバイスはサイズと効率に対して最適化されており、バッテリ寿命の延長と全体的ソリューションサイズの縮小によってエンド製品の価値を高めます。複数のバック、ブースト、バックブーストコンバータ、およびリニアレギュレータを含む電力に対して最適化された柔軟な電圧レギュレータ一式は、高レベルの集積を提供し完全に最適化された電源アーキテクチャの作成が可能です。各レギュレータは超低自己消費電流で、常時オンアプリケーションでのバッテリ寿命の延長を目的としています。

MAX20360は、バッテリシール、チャージャ、パワーパス、および残量ゲージを備えた完全なバッテリマネージメントソリューションを内蔵しています。サーマルマネージメントと入力保護の両方がチャージャに組み込まれています。また、このデバイスは特定の製品に必要なユーザー体験に応じてカスタマイズ可能な複数の入力を備えた、出荷時設定可能なボタンコントローラも内蔵しています。

インジケータまたはバックライト機能用に3つのLED電流シンクが内蔵されており、自動共振トラッキングを備えたERM/LRAドライバは高度なハプティックフィードバックをユーザーに提供することができます。低ノイズ、1.5Wバックブーストコンバータは、光心拍数システムで一般的に使用されるLEDに給電するためのノイズの少ない方法を提供します。このデバイスはI2Cインタフェースを介して設定可能なため、内蔵ADCによる温度および電源電圧の読取りを含む、各種機能の設定およびデバイス状態の読取りが可能です。このデバイスは72ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (4.88mm × 4.19mm、0.5mmピッチ)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

主な機能

  • バッテリ充電間のバッテリ使用時間を延長
    • 2つのMicro-IQ、400mAバックレギュレータ(IQ:各330nA (typ))
      • 0.550V~1.180V (10mVステップ)
      • 0.550V~2.125V (25mVステップ)
      • 0.550V~3.700V (50mVステップ)
    • Micro-IQ、600mAバックレギュレータ(IQ:330nA(typ))
      • 0.550V~1.180V (10mVステップ)
      • 0.550V~2.125V (25mVステップ)
      • 0.550V~3.700V (50mVステップ)
    • Micro-IQ LV LDO/負荷スイッチ(IQ:1µA (typ))
      • 入力電圧:1.0V~2.0V
      • 出力:50mA
      • 出力電圧:0.5V~1.95V、25mVステップ
    • Micro-IQ LDO/負荷スイッチ(IQ:1µA (typ))
      • 入力電圧:1.71V~5.5V
      • 出力:100mA
      • 出力電圧:0.9V~4V、100mVステップ
    • Micro-IQバックブーストレギュレータ(IQ:2µA (typ))
      • 出力:1.5W
      • 出力電圧:2.6V~5V、50mVステップ
  • リチウムイオンバッテリ充電の実装が容易
    • 広い急速充電電流範囲:5mA~500mA
    • 入力耐圧:28V/-5.5V
    • 設定可能なJEITA電流/電圧プロファイル
  • 高集積によってソリューションの実装面積を最小化
    • 安全な3.3Vまたは5.0V出力LDO
      • 15mA (CHGIN印加時)
    • ERM/LRAハプティックドライバ
      • 自動ブレーキング(LRAのみ)
      • 自動共振トラッキング(LRAのみ)
  • 多様なディスプレイオプションに対応
    • Micro-IQブーストレギュレータ(IQ:2.4µA (typ))
      • 出力:300mW
      • 5V~20V (250mVステップ)
    • 3チャネルの電流シンク
      • 耐電圧:20V
      • 設定可能な出力:0.6mA~30mA
    • システム制御を最適化
      • 設定可能なプッシュボタンコントローラ
      • 設定可能な電源シーケンス
      • 出荷時在庫モード
      • 電圧/充電電流モニタマルチプレクサおよびアナログ-デジタルコンバータ(ADC)内蔵

アプリケーション/用途

  • ウェアラブル機器
  • IoT
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX20360:簡易ブロックダイアグラム MAX20360:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

The MAX20360 evaluation kit (EV kit) is a fully assembled and tested circuit board that demonstrates the MAX20360 ultra low-power wearable power management integrated circuit (PMIC). The MAX20360 includes voltage regulators such as bucks, boost, buck-boost, and linear regulators, and a complete battery management solution with battery seal, charger, power path, and fuel gauge.

The device is configurable through an I2C interface that allows for programming various functions and reading device status. The EV kit GUI application sends commands to the Munich 2 USB-to-I2C adapter board (USB2PMB2#) to configure the device.

詳細を見る

特長

  • USB Power Option
  • Flexible Configuration
  • On-Board LED Current Sink and Battery Simulation
  • Sense Test Point for Output-Voltage Measurement
  • Filter Test Point for Haptic-Waveform Measurement
  • Windows® 8/Windows 10-Compatible GUI Software
  • Fully Assembled and Tested

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • バッテリ充電間のバッテリ使用時間を延長
    • 2つのMicro-IQ、400mAバックレギュレータ(IQ:各330nA (typ))
      • 0.550V~1.180V (10mVステップ)
      • 0.550V~2.125V (25mVステップ)
      • 0.550V~3.700V (50mVステップ)
    • Micro-IQ、600mAバックレギュレータ(IQ:330nA(typ))
      • 0.550V~1.180V (10mVステップ)
      • 0.550V~2.125V (25mVステップ)
      • 0.550V~3.700V (50mVステップ)
    • Micro-IQ LV LDO/負荷スイッチ(IQ:1µA (typ))
      • 入力電圧:1.0V~2.0V
      • 出力:50mA
      • 出力電圧:0.5V~1.95V、25mVステップ
    • Micro-IQ LDO/負荷スイッチ(IQ:1µA (typ))
      • 入力電圧:1.71V~5.5V
      • 出力:100mA
      • 出力電圧:0.9V~4V、100mVステップ
    • Micro-IQバックブーストレギュレータ(IQ:2µA (typ))
      • 出力:1.5W
      • 出力電圧:2.6V~5V、50mVステップ
  • リチウムイオンバッテリ充電の実装が容易
    • 広い急速充電電流範囲:5mA~500mA
    • 入力耐圧:28V/-5.5V
    • 設定可能なJEITA電流/電圧プロファイル
  • 高集積によってソリューションの実装面積を最小化
    • 安全な3.3Vまたは5.0V出力LDO
      • 15mA (CHGIN印加時)
    • ERM/LRAハプティックドライバ
      • 自動ブレーキング(LRAのみ)
      • 自動共振トラッキング(LRAのみ)
  • 多様なディスプレイオプションに対応
    • Micro-IQブーストレギュレータ(IQ:2.4µA (typ))
      • 出力:300mW
      • 5V~20V (250mVステップ)
    • 3チャネルの電流シンク
      • 耐電圧:20V
      • 設定可能な出力:0.6mA~30mA
    • システム制御を最適化
      • 設定可能なプッシュボタンコントローラ
      • 設定可能な電源シーケンス
      • 出荷時在庫モード
      • 電圧/充電電流モニタマルチプレクサおよびアナログ-デジタルコンバータ(ADC)内蔵

アプリケーション/用途

  • ウェアラブル機器
  • IoT

説明

MAX20360は、超低電力ウェアラブルアプリケーション用に設計された高集積かつ設定可能なパワーマネージメントソリューションです。このデバイスはサイズと効率に対して最適化されており、バッテリ寿命の延長と全体的ソリューションサイズの縮小によってエンド製品の価値を高めます。複数のバック、ブースト、バックブーストコンバータ、およびリニアレギュレータを含む電力に対して最適化された柔軟な電圧レギュレータ一式は、高レベルの集積を提供し完全に最適化された電源アーキテクチャの作成が可能です。各レギュレータは超低自己消費電流で、常時オンアプリケーションでのバッテリ寿命の延長を目的としています。

MAX20360は、バッテリシール、チャージャ、パワーパス、および残量ゲージを備えた完全なバッテリマネージメントソリューションを内蔵しています。サーマルマネージメントと入力保護の両方がチャージャに組み込まれています。また、このデバイスは特定の製品に必要なユーザー体験に応じてカスタマイズ可能な複数の入力を備えた、出荷時設定可能なボタンコントローラも内蔵しています。

インジケータまたはバックライト機能用に3つのLED電流シンクが内蔵されており、自動共振トラッキングを備えたERM/LRAドライバは高度なハプティックフィードバックをユーザーに提供することができます。低ノイズ、1.5Wバックブーストコンバータは、光心拍数システムで一般的に使用されるLEDに給電するためのノイズの少ない方法を提供します。このデバイスはI2Cインタフェースを介して設定可能なため、内蔵ADCによる温度および電源電圧の読取りを含む、各種機能の設定およびデバイス状態の読取りが可能です。このデバイスは72ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (4.88mm × 4.19mm、0.5mmピッチ)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX20360:簡易ブロックダイアグラム MAX20360:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。