MAX8934G

高度なバッテリ温度監視によるSmart Power Selectorを備えた、デュアル入力リニアチャージャ

温度を監視し、安全な充電とJEITAバッテリ充電規格準拠を実現


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

Smart Power Selector™を備えたデュアル入力Li+/Li-PolyリニアバッテリチャージャのMAX8934Gは、JEITA*の推奨に従って、単一のLi+/Li-Polyセルを安全に充電します。MAX8934Gは、充電時のバッテリ温度(TBATT)を監視し、バッテリ温度の変化に合わせて急速充電電流と充電終了電圧を自動的に調整します。MAX8934Gは、バッテリ放電時のバッテリ温度も監視し、バッテリが温度過昇した場合、警告フラグ(アクティブローOT)をシステムに送出します。安全領域2がサポートされています(詳細については図6を参照)。超低IQ、常時オンLDOがシステム電源用の追加の3.3V電源を供給します。

MAX8934Gは、USBとACアダプタ電源の個別入力、または両方に対応する単一入力のいずれからも動作します。充電用やバッテリ/外部電源間の負荷切替え用のすべての電源スイッチが内蔵されています。外付けMOSFETは不要です。

MAX8934GはSmart Power Selectorを備え、限られたUSB電源またはアダプタ電源を最大限に活用します。入力電流制限およびバッテリ充電電流制限は、個別に設定されます。システムで使用されていない入力電源によって、バッテリが充電されます。充電電流制限およびDC電流制限は、それぞれ最大1.5Aおよび2Aに設定することが可能で、他方、USB入力電流は100mAまたは500mAに設定することができます。自動入力選択によって、システム負荷はバッテリから外部電源に切り替わります。

MAX8934Gは、4.35VのSYS出力電圧を提供します。

その他の機能には、過電圧保護(OVP)、オープンドレイン充電ステータス/障害出力、パワーOKモニタ、充電タイマー、およびバッテリサーミスタモニタがあります。さらに、内蔵の熱制限が、バッテリ充電速度を低減させ、チャージャの過熱を防止します。MAX8934Gは、4mm x 4mmの28ピンTQFNパッケージで提供されます。

主な特長

  • Smart Power Selectorを備えたLi+チャージャは外付けMOSFET不要
  • バッテリ温度を監視し、JEITA推奨に従って充電電流と終了電圧を自動調整
  • 放電時の高温バッテリに対するアクティブローOTフラグシステム
  • 超低IQ、常時オン3.3V LDO
  • 共用または個別のUSB入力およびアダプタ入力
  • 自動アダプタ/USB/バッテリ切替え
  • アダプタ定格を超える負荷ピークをバッテリで補助
  • 入力OVP:16V (DC)および9V (USB)
  • 40mΩのSYS-BATT間スイッチ
  • サーマルレギュレーションによって過熱を防止
  • SYS安定化電圧:4.35V

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルカメラおよびデジタルビデオカメラ
  • 携帯ゲームシステム
  • PDA、パームトップ、およびワイヤレスハンドヘルド機器
  • ポータブルメディア、MP3プレーヤー、およびPND

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX8934G.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX8934GETI+
  • MAX8934GETI+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース