先頭に戻る

低コスト、SMBus CCFLバックライトコントローラ

共振フルブリッジインバータアーキテクチャを使ってCCFLを駆動するように最適化された高集積バックライトコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート Jul 26, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • SMBus、PWMインタフェース、または周囲光センサによる高精度の調光制御
  • 256ステップ分解能の調光範囲:10:1
  • 共振モード動作
    • 正弦波に近いランプ電流波形によってランプ寿命を延長
    • 保証された点灯性能
    • 電力を高効率で光に変換
  • 広範な入力電圧範囲:4.5V~28V
  • 入力フィードフォワードによって優れたライン除去を実現
  • ランプ電流制御:±2.5%
  • 1.5%精度のDPWM周波数は調整可能
  • デュアルランプ電流フィードバック入力
  • 総合障害保護
    • 二次側電圧制限
    • 無損失検出による一次側電流制限
    • タイムアウトの調整可能なランプアウト保護
    • 二次側短絡保護
  • 5mm x 5mmの小型28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • LCDモニタ
  • ノートブック

説明

MAX8759は全機能搭載冷陰極蛍光管(CCFL)インバータコントローラで、フルブリッジ共振インバータによってCCFLを駆動するように設計されています。共振動作によって信頼性の高い点灯が実現し、全入力範囲にわたって正弦波に近い波形を供給します。このコントローラは4.5V~28Vの広い入力電圧範囲で動作し、電力が高効率で光に変換されます。また、このデバイスは、ランプアウト、二次側過電圧、および二次側短絡障害などのシングルポイント障害状態から効果的に保護する安全機能も備えています。

MAX8759は高精度のランプ電流制御(±2.5%)を行い、優れたCCFLインバータ性能を発揮します。ランプ電流は外付け抵抗を使って調整することができます。ディジタルパルス幅変調(DPWM)方式によってCCFLをオン/オフして、ランプ電流を一定に維持したまま、10:1の調光範囲を実現します。MAX8759は、2線式SMBus™対応インタフェース、外付け周囲光センサ(ALS)、またはシステムPWM制御の3つの輝度制御メカニズムを備えています。MAX8759はIntel社のDisplay Power Saving Technology (DPST)をサポートし、バッテリ寿命を最大化します。このデバイスは、最少の外付け部品点数でデュアルランプアプリケーションをサポートする2つのランプ電流フィードバック入力端子を備えています。

MAX8759は効率を最大化するためにフルブリッジインバータを制御して、4個の外付けnチャネルパワーMOSFETを直接駆動します。5.35Vの内蔵リニアレギュレータは、MOSFETドライバと大部分の内部回路に電源供給します。MAX8759は省スペース28ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX8759:最小動作回路 MAX8759:最小動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート Jul 26, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。