先頭に戻る

チャージポンプ内蔵、TFT LCD DC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート May 26, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 3個のDC-DCコンバータ、1個のLDO内蔵
  • 1MHzの電流モードPWM昇圧レギュレータ
    最大+13Vのメイン大電力出力
    精度:±1%
    高効率:90%
  • デュアルチャージポンプ出力
  • 正チャージポンプ用外付けダイオード不要
    最大+28Vの正チャージポンプ出力
    負チャージポンプ出力
  • 300mAのロジック用リニアレギュレータ
  • 入力動作範囲:+2.6V~+5.5V
  • 自己消費電流:0.8mA
  • 電源シーケンスおよびソフトスタート装備
  • 熱保護
  • 超薄型28ピンTQFNパッケージ(最大高0.8mm)
  • アプリケーション/用途

    • カーナビゲーションディスプレイ
    • LCDモニタ
    • ノートブックコンピュータ、PDA

    説明

    MAX8753はクワッド出力DC-DCコンバータで、アクティブマトリックス型の薄膜トランジスタ(TFT)、液晶ディスプレイ(LCD)に必要な安定化電圧を供給します。このデバイスは、大電力ステップアップレギュレータ(VMAIN)、2個の低電力チャージポンプ(VPOSおよびVNEG)、および300mAの低電圧リニアレギュレータ(VLOGIC)を内蔵しています。

    このステップアップDC-DCコンバータは高周波(1MHz)電流モードレギュレータで、超小型インダクタとセラミックコンデンサを使用可能なパワーMOSFETを内蔵しています。このコンバータはパルス負荷に対して高速過渡応答し、広い負荷電流範囲にわたって効率を向上する自動パルススキッピングモードを備えています。1.5Aの電流制限によって、+3.3Vの入力から300mAを超える+10Vの出力が可能です。

    2個のチャージポンプは、1個の正および1個の負出力電圧を個別に制御します。正チャージポンプは最大+13Vまでの入力電圧を受け付ける電圧3倍器であり、外付けスイッチまたはダイオードを用いずに最大+28Vまで20mAを供給します。負チャージポンプは最大+24Vまで入力電圧を反転し、外付けダイオードを使って20mAの負出力を供給します。

    ロジックリニアレギュレータは、IC用の+2.6V~+5.5Vの入力を+2.5Vの安定化出力または可変出力に変換します。MAX8753は、超薄型LCDパネルの設計用に高さ0.8mm (max)の28ピンTQFNパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    MAX8753:最小動作回路 MAX8753:最小動作回路 Zoom icon

    Technical Docs

    データシート May 26, 2006

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。