先頭に戻る

3.3V/5Vまたは可変出力、シングルセルDC-DCコンバータ

新規設計には高性能デバイスMAX1678を推奨

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート Apr 21, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧:0.8V~6.0V
  • スタートアップ電圧:0.9V保証
  • 効率:80%以上(広負荷範囲)
  • 自己消費電流:100µA (VOUT = 3.3V)
  • シャットダウン電流:1µA
  • スイッチング周波数:最大250kHz
  • リファレンス精度:±1.5%
  • 低電圧検出器(LBI/LBO)
  • 超小型8ピンµMAX®パッケージ(高さ1.11mm)
  • 回路実装面積:0.2in²

アプリケーション/用途

  • 1セルバッテリ駆動機器
  • バックアップ電源
  • 検出器
  • ページャ
  • 遠隔制御

説明

MAX866およびMAX867は、電池1個で駆動されるシステムに適した、超小型、高効率のCMOSステップアップDC-DCスイッチングレギュレータです。MAX866は、0.8V~VOUTの正の入力電圧を、端子選択により、より高い電圧の3.3Vまたは5Vの出力電圧に変換します。可変出力のMAX867は、0.8V~6.0Vの入力電圧を2.7V~6.0Vのより高い出力電圧に変換します。効率は80% (typ)以上で、無負荷時の消費電流は100µA typ(シャットダウン時1µA)です。

MAX866/MAX867は、超低自己消費電流と優れた高効率を組合わせることによって、バッテリ寿命を最大限に拡張するだけでなく、高いスイッチング周波数によって、小型、低価格のインダクタやコンデンサの使用を可能にしています。さらに、内部のピーク電流制限によってICを保護しています。

簡易ブロック図

MAX866、MAX867:標準動作回路 MAX866、MAX867:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート Apr 21, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。