先頭に戻る

低コスト、高信頼性、0.5V~3.3V OR接続MOSFETコントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • シンプルで安価な高集積MOSFETコントローラ
  • 0.5V~3.3V電源用OR接続FET駆動
  • OR接続ダイオードの電力損失を排除
  • N+1の冗長電源機能によって高信頼性システムを実現
  • 障害短絡電源を出力バスから分離
  • 短絡逆電流に200nsで応答
  • 可変ブランク時間
  • プログラマブルソフトスタート
  • ロジックイネーブル入力
  • 可変過電圧/低電圧トリップポイント
  • 障害インジケータ出力
  • 省スペースパッケージ

アプリケーション/用途

  • POL (Point-of-Load)電源
  • 電源モジュール
  • 整流器
  • 高可用性システムの冗長電源
  • サーバ
  • テレコム電源

説明

極めて重要な負荷は多くの場合、並列接続の冗長電源によって、システム信頼性を向上させています。MAX8555/MAX8555Aは、高信頼性システムにおいて、分離機能および冗長電源機能を提供する安価な高集積MOSFETコントローラです。MAX8555/MAX8555Aは0.5V~3.3Vシステムで使用され、Nチャネル型のパス素子のゲートを(VCS+ + 5V)の電圧で駆動するチャージポンプを内蔵しています。

起動時に、MAX8555/MAX8555Aは外付けMOSFET両端の電流降下を監視します。VCS+がバス電圧(VCS-)に接近するか、またはその電圧を超えると、MOSFETがオンします。MAX8555/MAX8555Aは、2つの目的を持つTIMER入力を備えています。TIMERとグランド間に1個の抵抗を外付けすることによって、外付けMOSFETがオンになる速度を設定します。オプションで、TIMER入力をロジックイネーブル入力として使用することができます。外付けMOSFETがオンになると、これらのコントローラは負荷を監視し、過電圧、低電圧、および逆電流障害状態からバスを保護します。MAX8555は40mVの逆電流スレッショルド、またMAX8555Aは20mVの逆電流スレッショルドを持っています。

過電圧および低電圧障害スレッショルドは可変で、ディセーブルにすることができます。電流制限トリップポイントは外付けMOSFETのRDS(ON)を使って設定するため、部品点数を削減することができます。オープンドレインロジックロー障害出力は、過電圧、低電圧、または逆電流障害が発生しているかどうかを示します。MAX8555およびMAX8555Aは、逆電流障害状態に応答して200nsという早さでシャットダウンすることができます。

両製品は省スペースの10ピンµMAXまたはTDFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX8555、MAX8555A:標準動作回路 MAX8555、MAX8555A:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。